So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

牧師と一般信徒の共通の権限 [Shuzo Koita]

(2018日)驚きでした。洗礼と聖餐の権威についてここまで深く考えたことがありませんでした。

目から鱗でした。
では、自分が洗礼と聖餐をする状況が今はありませんが、
親の洗礼一つとっても、牧師を招く状況でなくとも自分がすればいいとなる。

貴重なお話でした。
一つ心の重しが取れました。

心より感謝いたします。




----memo

地域教会のリーダー 牧師

他は同等の権威
  
具体的に
 伝道する権威
  
  バプテスマと聖餐も、全てのクリスチャンが行う権威がある

  聖書箇所 
   水のバプテスマの マタイ28:19
     フィリポ サマリアで宣教 水の 使徒8:12

    宣教のために任命されたワケではない
    
  パウロにはアナニアが授けた
   
   私たちも許されている

   初代教会に習っていく必要がある

  パウロが授けたのは数人

  
  聖餐も

   全てが王の系統をひく祭司
nice!(1)  コメント(0) 

カトリックの教え(6) - 人の霊魂 [Ecclesia Catholica]

霊魂の説明が体系的になされていた。
他の生物の違いなど分かりやすかったです。


私は復活であり生命である
私を信じる人は死んでも生きる
生きて私を信じる人は永久に死なない。

ヨハネ11章25-26を採用されました。
「死んでも生きる」のはそうありたいと思えますが、
「永久に死なない」というのは、悪い意味なら地獄ですが、
「天国で」という意味でしょう。

「永遠に生きる」ことに負の固定観念があった身としては、この箇所は素直になじめません。



----memo

すべての生物に魂がある
人間には霊的な生命があるから霊魂という

霊魂は身体から離れても腐敗しない

霊魂に精神的な能力2つ 知恵と意思
知恵は精神的に考えるもの
   考えも2つに カタチのある考え 脳の働き
          抽象的思考  愛 真理 命
意思は精神的に霊的に愛する能力
     愛も2つ 肉体的 好き嫌い 肉で好きになる 自己中
          精神的 意志の精神的な力で愛することができる
                 相手の幸せのため

          
 嫌いな人を祈る 


nice!(0)  コメント(0) 

牧師と一般信徒の違い [Shuzo Koita]

(2018日)

「主から頂いた権威を存分に使って祭司として任せられている責任を
果たせるようになりましょう」

とのことでした。

自分が祭司であると自覚して祈ることがないので、
「私は祭司だ」と言い聞かせる方がいいのかもしれません。





----memo

牧師と信徒の違い

違い 1つだけ 牧師が地域教会のリーダー
牧師という言葉が聖書にはでてこない 長老がでてくる
モーセの時代から教会のリーダーの立場で

エルサレムの会議で 長老も議決にかかわっている
  使徒言行録16:4

使徒と長老が決めた 教会の運営の 意思決定機関
  長老の権限 絶対的ではない 合議制 聖書的な決め方
  一般信徒がかかわっている箇所もある

 あくまで 神様 イエスキリストが絶対

使徒 預言者 福音伝道者 も長老

1ペトロ5 1-5

  一般信徒は長老に従う
 上下ではない 互いに謙遜

 全てのクリスチャンが王の系統をひく祭司

nice!(1)  コメント(0) 

【本の旅】『武士道はキリスト起源だった』 畠田秀生 2016-07-15 [364] [CGNTV]

(2016日)

まず、私は大河ドラマの中級者になったかなという段階なのだと
頭を打たれました。

実に興味深いお話でした。

エフライムの屈強な精神と景教かな???と考えてますが、
分かりません。

沖縄のノロ(祝女)だった人がレビ記から導かれたとのお話や
神道を学べばレビ記が楽しくなるとの関連は驚きでしたね。


本の旅.jpg
CGNTV【本の旅】『武士道はキリスト起源だった』 畠田秀生 2016-07-15 [364]

----memo

毎年大河ドラマみてる

出版の経緯

最初『大和魂と聖書』

イエス様との出会い

貨物船でニュージーランド
20の頃海外へあこがれ
1940誕生
23歳で知人の知人が

現地で映画のつもりが教会
  2か月で
 フルートの失敗 神 牧師から許し

原理は同じ 聖書の教えと武士道

大和魂がイエスとの出会いで膨らんだ

2013 和食無形文化遺産

 文化は背骨 文化あるので日本人として歩ける
 
 日本の文化を教会で教えたいと進言したが、いらない
 そこを去る

 日本文化を見直す 

  武士道 日本文化の血液

日本のシンドラー 杉原は 情愛の元に義
   
  サムライは頼朝 一般には

  精神のルーツはもっと前
 
    北イスラエル 離散 後 日本? 神武天皇
   
    証明はできない 皇紀を採用

  新渡戸の武士道 元々は士道と言われていた
   葉隠 と聖書 の3冊  共通 死生観

  2つ 聖書と日本フォーラム
     大阪を出て13年

   前段階で まず、日本人の魂を耕す人

  神道を学ぶとレビ記が楽しくなる 
 

nice!(1)  コメント(0) 

Prague St Vitus Cathedral [映像]

(2015チェコ)聖ヴィート大聖堂

この方の作品は素晴らしいですね。
センス+技術なのでしょう。



nice!(0)  コメント(0) 

「キリスト者の報いと損害」第一コリント3章10節から15節 [雲の柱・火の柱]

(2013日)考えされられることです。

祈っていても我欲が残り執着するのは良くないですね。
身を任せた状態の時もあれば、そうでない時もある。
肉の自分があるが、完全に肉でなくなれば、それが完成形なのでしょう。

動機がずれて別の何かに執着してはいけないと了解いたしました。






---memo

裁かれることはないが、報いと損害がある
動機が試される

結論、日々の祈りと礼拝

肉的キリスト者にパウロは書いている

動機がずれてミニストリーのためになる

王である祭司として日々、祈りと礼拝が大事

今、キリストに身を明け渡しているのか、いないのか
nice!(0)  コメント(0) 

祝福と呪いの使い方 [Shuzo Koita]

(2018日)

原理的な勉強になりました。
その通りだと思います。
複雑な現実の中で原理的なことの確認は
大切だと再認識しております。




----memo

私たちも祝福と呪いができる
神さまと同様の力

言葉で宣言 祈り 念じる 何らかの儀式

共通 背後に何らかの霊的存在が働く
それが神様でないなら悪魔の力を借りて行うことになる

だから強力
  霊能力者 シャーマンは 悪魔の力を使う
  最終的には命まで奪う力を

 遊び半分でも人を呪ってはならない 
   心のスキに悪魔が入って 永遠の地獄へ

聖書にも書いてある


呪いの言葉は出してはならない
  神様を悲しませ 悪魔を喜ばせることになる

では敵に 悪意に
 
 聖書には、ロマ12:14
  祝福する

 イエス・キリストの名で祝福する
nice!(0)  コメント(0) 

キリストの香り(12) - 小さな死 [Ecclesia Catholica]

(2011日)シスターの父が2・26で殺されたが、
関西の番組で殺された側で出演依頼があり、
何度も断り仕方なく出たら殺した側がいたそうだ。
最低の屑番組ですね。時間が経っているとはいえ、
土足でシスターの反応を試し晒し、それで視聴率を得、収入に変換した。

が、こういうのは神の所有物を侮辱する行為なので、
赦されない罪で、私がどうするまでもなく、
知っていた人間には適切な不幸があるのでしょう。




----memo


9歳 
s11年2.26 家を襲撃
父が陸軍軍人に殺された

6時

軽機関銃の音 生涯忘れない
数分で死んでしまった

43発の鉛の玉ではなく 人を殺すのは背後で打たせた人の心

修道院入って20年たった頃 テレビで
何度も断り 仕方なくでたら 殺した側がいた

コーヒーいれてくれたが1滴も飲めなかった。

赦すと言葉で言っても、身体が許していなかった
同時に父の血が流れていることにうれしかった

赦すことは難しいと
が、もっと難しいのは悪意の塊のような人たち

華々しい死ではなく、毎日のチクチクした痛みを笑顔で受けること

修道院から50年 「小さな死」自分の一つのモットー

リハーサルを繰り返す 小さな死を繰り返す
そのことで大きな死を迎えることができる?

口で「小さな死」と呟くことで意味あるものに変えることができる

人に殺されるのではなく、主体性をもって死ぬ
意味のある死に変えることができる

八木重吉


ヨハネ12-24
「一粒の麦は地に落ちて死ななければ一粒のままである
 だが死ねば多くの実を結ぶ」

nice!(1)  コメント(0) 

同調圧力に屈しない [Shuzo Koita]

(2018日) 小坂周造氏

ミカヤのことを思い出させて頂きました。
400人の預言者が王に軍事行動を是としているところを
使いの者に釘をさされていたのにも関わらず反対した。

主は生きておられる、奇跡はある、ということ、
イエス・キリストが唯一の救いの道であること、

力強く語っていただきました。
不確かな記憶が復活、理解が厚くなりました。
ありがとうございます。



----memo

ノアと家族だけ

ソドムとゴモラの時 ロトと家族だけ

常に正しい者 神様に従っている者はマイノリティー

マイノリティーという理由で恐れてはならない

大勢の歩む道が滅びの道のことがある

神さまから示されたことであるなら
断固として宣言 突き進む

人数の多さ倍率は何の意味もない

断固とした決断をする

例 預言者ミカヤ
 ヨシャファト 良い王ではあったが、
イゼベルの影響を受けて偶像崇拝に染まっていたイスラエルの王と
婚姻関係となった。

ラボドギレアデ?を軍事行動を 
ヨシャファトはまず主の言葉を求めてください
イスラエル王は預言者400人に聞いた
  軍事行動を

イ王 もう一人いるが災いばかりで憎んでいる ミカヤ

ミカヤを呼ぶ 使いの者が同調圧力をかけた 

ミカヤ 主は生きておられる。主が私に言われることを告げる

   400人を無視して 死ぬよ
 400人は偽りの霊に騙されて

 奇跡は今でもある。今でも生きておられる
ミカヤのように

  聖書の御言葉 神の御言葉 本当にそうだ。


nice!(0)  コメント(0) 

カトリックの教え(5) - 神の創造と進化論 [Ecclesia Catholica]

(2006日)

理解していたつもりだったのですが、
良い整理になりました。
肉体は母から与えられるが、霊魂は神様からでした。
ここが基本ですね。



----memo

何もなかった
神さまは物を作ることを考えられた。

ビッグバン 聖書にあっている

光 矛盾してない

命のない鉱物 水 石
次に 生物 植物から動物 最後に人間

人間には特別なハカライ
 似せて 霊的な命を授けた

これではじめの創造がおわった


変化が起こった  
  進化 

2つの進化論
  無神論的進化論
  認めている進化論 一つ注意
   肉体は同じ材料
   霊魂は肉体ではない

 肉体は母からだが、霊魂は神様から

 神様は材料をはじめに作った 
  
 電気のように神様が流れている
  
nice!(0)  コメント(0)