So-net無料ブログ作成
Shuzo Koita ブログトップ
前の10件 | -

聖書の登場人物の中で誰が一番好きですか? [Shuzo Koita]

(2018日)

俗な言い方では「愛する」と「好き」は違うので、
私はヤコブの子ヨセフを思い出しましたね。
兄弟に奴隷に売られ、冤罪で牢に入れられ、
それでも信仰を捨てず、夢を解析しパロに仕えた。

もう一人挙げるとすれば、メルキゼデクですね。
謎の王であり祭司でアブラムが跪き10分の1を納めた。
よく分からないところが惹かれます。


と、聖書からの人物なら、一般的かもしれません。


ちなみに、昔、
光栄ゲームの「三国志」でよくプレーしたのは、呂布。
「信長の野望」なら松永久秀、石川五右衛門でした。


が、ユダは「好き」の対象にはならないですね。






----memo

イエス・キリスト

イエス様以外に 誰が好きか問うことにあまり意味がない

第一ヨハネ1:1

他の人間に特別の愛着を抱くことは落とし穴になりかねない

派閥になる 偶像崇拝になる
nice!(0)  コメント(0) 

キリスト教のタブー [Shuzo Koita]

(2019日)

クリスチャンには本質的タブーは無いとのことでした。
偶像崇拝や姦淫、血を流すことはダメだが、当然でしょう。

道徳ですら2次的なものなのでしょう。
サラっと語られていますが、非常に示唆に富んだ回でした。




----memo

タブー
多くの場合 合理的説明はない

ナンセンスなものが多い

宗教 政治 野球

何も考えてない人が多い
人と違うことを恐れている


ガラテヤ5:1
あらゆる罪タブーから自由

クリス茶んに 本質的にタブーはない
全ては自由 許されている

位置外に よい 悪い ことが言えない

酒やたばこ 薬物 には興味がない 
  聖霊様はもっと満たして下さる

言行録 
1 偶像に供えた肉 霊的な不倫
2 淫らな行い 結婚外の全ての  神の神殿を穢してしまう
3 絞め殺した動物の肉と血 血は命 
   命は神に属するもの  
nice!(1)  コメント(0) 

悪口や反対論を聞き流す方法 [Shuzo Koita]

(2018日)

究極的なスルーする技術の秘訣、
とは、神様の御声に耳を傾けるとのことでした。

私はモーセのように神さまと会話したことがないので、
分かりませんが、
嫌な1日であっても、毎日、聖句に触れることで、
ブルーな気分が無くなります。

反対論があった直後に聞くのも良いのでしょう。
いちいち覚えてませんが、実行していると思いますね。

聖霊様があたかも自分が考えたかの如くに
無意識に働きかけてくださるのでしょう。



----memo

まず、聞く

が、聞き流した方がいい場合もある
 
 悪意の中傷 敵意

 コレヘト 
 人の言うことをいちいち気にするな。

反対論も聞き流す方がいい
    挑んでくる人たちの
 
不当にも知識と呼ばれている反対論
   
 打ち負かすと ひねくれる

心には受け入れない態度 技術を習得すべき

究極的なスルーする技術の秘訣
  神さまの御声に耳を傾ける

御声に集中することで悪魔を聞き流すことができる
nice!(0)  コメント(0) 

宝探し [Shuzo Koita]

(2017日)

イエス様は神のひとり子だったが、
イエス・キリストを受け入れることで、
私たちも神の子となれる。

その意味でイエス様と兄弟であるが、
神さまにとって私たちも愛する所有物で宝となる。

これで自分を卑下することがなくなる。
過ぎると尊大となりますが、
神さまの宝とされることは、存在の肯定なので、
徳川埋蔵金と比較できるものではありません。





----memo

宝探し ノンフィクション
 徳川埋蔵金ではない

聖書に3つの宝

マタイ 畑の宝 全財産を売って畑を買う

イエスキリストを向かい入れる
 犠牲 献身を要求

2つめ 箴言8:11
 人を倒すための知恵ではない
 主を恐れることこそ知恵


3つめ
  私こそ宝
 神さまの物だから
nice!(0)  コメント(0) 

プレイヤーになりましょう! [Shuzo Koita]

(2018日)

ユニフォームは「キリストを着ている」とのことでした。
サッカーで譬えるとして、よくガラテヤ書から探してきたなと
驚きでした。

が、今、検索してみると見つかりました。
表現さえ覚えていれば特定はなんとか可能なのでしょう。

「勝利は約束されている」としても、
その後のベルギー戦のように、2点リードしながら、
逆転されもする。

いつになったら勝利するのでしょう。




----memo

ワールドカップ 
44・2% ポーランド戦

ベルギー戦

観客 ああだこうだと論じる
仕方ない

が、神の国では、そうであってはならない
牧師や他信徒のことで 

が、自分では何もしていない

聖書では、それぞれの役割を
 サッカーでのポジション 

 それぞれの賜物

聖書では傍観 観客席はない

ユニフォーム キリストを着ている

傍観よりもやりがいがある 面白い
勝利は約束されている 
 
 まず、祈りを捧げる人になる


nice!(0)  コメント(0) 

生ける屍 [Shuzo Koita]

(2017日)

まぁ、私もキリスト教中級者となり、
武道の帯でいえば、緑帯位にはなったと思うのですが、
「生ける屍」と聞いて、中身を想像できるようにはなりました。

連想した言葉は、

「死せる孔明、生ける仲達を走らす」
「お前はもう、死んでいる」

でしたが、全く関係ありませんでした。


真面目な話をすれば、
「生ける屍」状態が長いと、
真面目に話をしたいと思わなくなるのです。




----memo

生きているとは、
本当に生きている人は少ない


nice!(1)  コメント(0) 

正しい人を招くためではなく罪人を招くために(マルコ2:17) [Shuzo Koita]

(2016日)

ある時、イエス様が病人を癒す際に、
「あなたの罪は許された」と言って治したことがあった。

罪の問題というのは重大で、
真面目に生きてきた高学歴の人は受洗無しで、
自分をクリスチャンだと自己認識を維持できる。
が、正しい人となるケースもあるのでしょう。
偉そうな文章というのは、取り繕っても出るものだ。

ここを軽視すれば、あらゆる見方がズレるのでしょうね。




----memo

医者に譬える

病人が必要とする

イエス様は 罪人を招くため 罪の問題
  
 罪に対する2つの態度
  ・正しい人 正しい人は実際いない
   正しいと思い込んでる罪人 高慢だから

  ・罪人 助けてくださいと自分の罪を認める人

  十字架により全て罪を受けてくださった


nice!(1)  コメント(0) 

救いの予定と人間の自由意思 [Shuzo Koita]

(2017日)

楽園追放により、労働と産みの苦しみが与えられた。
「放し飼い」となった。自由意志が与えられた。

人口が増え、各人が自由に生きようが、
プロ棋士が100手先を読めるどころでなく、
神さまは、無限手先を読むことができる。

よって自由意志で選択しようが、全ては神様の「想定内」となる。
あらかじめ決定しているという言い方も可能だが、
人間にとっては未来は決定していないが、
神さまにとっては、既に決定していたことと表現されるのかもしれません。



---memo

洗礼者ヨハネ 悔い改めを述べ伝えた

人間に自由意志があるから

主は紳士的なので、絶対に救わない人など決めていない
未来を見通しているので、
予知能力において知っているということ

神さまの主権的な選び


nice!(0)  コメント(0) 

異端のトリセツ [Shuzo Koita]

(2016日)

神さまは異端者を愛しておられる、とのことでした。
驚きでしたが、誰にも間違いはあるものだ、
悔い改めればいい、とのことなのでしょう。

明確に異端と対しておられることに敬意を表します。




---memo

異端の方が多いのではないか?

異端はキリストを否定している
 救い主として認めない

異端は滅びをもたらす

3大異端
 三位一体を否定している

一切かかわるな

神さまは異端者を愛しておられる

本物があるから偽物がある 1万円札

nice!(0)  コメント(0) 

だれも働くことのできない夜が来る前に [Shuzo Koita]

(2018日)

時間は大事です。痛切に感じます。
が、睡眠を削って勉強することは私には無理ですね。

1日3時間ほどの睡眠で、ナポレオンは一時的にこの世で大成功した。
私は7時間は欲しいのですが、6時間だと調子が悪いですね。

悩ましいところです。



---memo

イエス様 フル活動 無駄な時間なし

昼のあるうちに働く 夜は当時は仕事できない

イエス様は4節で 私たちは
時間が限られてる

私たちも夜がやってくる

私たちも時間を無駄にせずにフル活動する
誰も働くことができない夜 肉体の死 又は再臨

私たちは先延ばしにしがち

1分1秒を無駄にせずに 捧げていこう

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - Shuzo Koita ブログトップ