So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Shuzo Koita ブログトップ

定期的な生存確認 [Shuzo Koita]

(2018日)

クリスチャンがイエス・キリストと常に繋がっているか、
定期的に確認しなければならない。

夢の中でイエス様がよく現れるという方がいたが、羨ましい限りだ。
私には無く、悪夢も時々あるので、24時間365日というワケではない。

現在のネットワークの信頼性の勉強にもなりました。




----memo

ネットワークエンジニア

1980年代 一般人の利用

24時間365日のサービスは当たり前
ダウンは無いのが当たり前

災害があったとしても災害がとまらない
データセンター 東京 大阪など 複数 バックアップ

背後で人が働いている

 pingによる 確認 死活監視  5分に1回が多い
    5秒に1回の頻回ケースもある

 現代はサービスの継続は優秀

--------
私たちは神様との交わり
  
  イエス・キリストと絶たれれば死んでしまう

 私たちは自身について生存確認する必要がある

  私たちがするサービスとは
    礼拝という意味

nice!(1)  コメント(0) 

聖霊「様」をないがしろにしてはならない [Shuzo Koita]

(2017)聖霊様が耳元で囁いて下さることで、
自分がさも思いついたかのような考えが浮かび、
今まで生きてこれたのでしょう。

聖霊様が人格的存在であると、なんとなく気づいてはいましたが、
今回、サマを付ける理由が分かりました。




---memo

お父様 神様 イエス様

サマをつける

御父と御子は、サマは当たり前となっている

聖霊は?

2つの原因

1つ 聖霊様の知識が欠けている
     重要な2つ 1つ 聖霊様は神様 三位一体なるお方
               聖霊様も同じ神様

        献金を全額と偽った件   聖霊を欺いて

           1つ 聖霊様は人格的なお方

             単なる燃料 ドリンクではない


     ギリシャ語 霊と風は同じ語

  地上で私たちの内側で働いて下さるのは聖霊様

1つ 
nice!(1)  コメント(0) 

大学と神学と聖書 [Shuzo Koita]

(2018日)

ほとんどの日本人が学問について知らない、とのことだ。
私もそうでした。

こういうテーマを考えるようになるには、
「Civilization 4」というゲームが通過点として必要でした。

2012年にはまっていたとブログに残していました。
https://1rin.blog.so-net.ne.jp/2012-01-04

「教育」と「図書館」で「大学」を設置でき、
「大学」が6つで「オックスフォード大学」が可能でした。


これも神様のお導きだったのか、
神さまから離れた罰としての遠回りだったのか、私には分かりません。






----memo

日本 ほぼ字読める

ほとんどの日本人が学問について知らない

元々 どこから 頂点 命題

大学の起源 university 12c 欧
大学 教会の聖職者を養成する目的 一部の修道僧に限られていた

4 神学部 法学部 医学部 自由学芸学部

 神学が頂点

  聖書を知ること  イエスキリストを知ること

 イエスは マタイ13:52
   天の国のことを学んだ学者  イエスの弟子たち
         
 

nice!(1)  コメント(0) 

牧師と一般信徒の共通の権限 [Shuzo Koita]

(2018日)驚きでした。洗礼と聖餐の権威についてここまで深く考えたことがありませんでした。

目から鱗でした。
では、自分が洗礼と聖餐をする状況が今はありませんが、
親の洗礼一つとっても、牧師を招く状況でなくとも自分がすればいいとなる。

貴重なお話でした。
一つ心の重しが取れました。

心より感謝いたします。




----memo

地域教会のリーダー 牧師

他は同等の権威
  
具体的に
 伝道する権威
  
  バプテスマと聖餐も、全てのクリスチャンが行う権威がある

  聖書箇所 
   水のバプテスマの マタイ28:19
     フィリポ サマリアで宣教 水の 使徒8:12

    宣教のために任命されたワケではない
    
  パウロにはアナニアが授けた
   
   私たちも許されている

   初代教会に習っていく必要がある

  パウロが授けたのは数人

  
  聖餐も

   全てが王の系統をひく祭司
nice!(1)  コメント(0) 

牧師と一般信徒の違い [Shuzo Koita]

(2018日)

「主から頂いた権威を存分に使って祭司として任せられている責任を
果たせるようになりましょう」

とのことでした。

自分が祭司であると自覚して祈ることがないので、
「私は祭司だ」と言い聞かせる方がいいのかもしれません。





----memo

牧師と信徒の違い

違い 1つだけ 牧師が地域教会のリーダー
牧師という言葉が聖書にはでてこない 長老がでてくる
モーセの時代から教会のリーダーの立場で

エルサレムの会議で 長老も議決にかかわっている
  使徒言行録16:4

使徒と長老が決めた 教会の運営の 意思決定機関
  長老の権限 絶対的ではない 合議制 聖書的な決め方
  一般信徒がかかわっている箇所もある

 あくまで 神様 イエスキリストが絶対

使徒 預言者 福音伝道者 も長老

1ペトロ5 1-5

  一般信徒は長老に従う
 上下ではない 互いに謙遜

 全てのクリスチャンが王の系統をひく祭司

nice!(1)  コメント(0) 

祝福と呪いの使い方 [Shuzo Koita]

(2018日)

原理的な勉強になりました。
その通りだと思います。
複雑な現実の中で原理的なことの確認は
大切だと再認識しております。




----memo

私たちも祝福と呪いができる
神さまと同様の力

言葉で宣言 祈り 念じる 何らかの儀式

共通 背後に何らかの霊的存在が働く
それが神様でないなら悪魔の力を借りて行うことになる

だから強力
  霊能力者 シャーマンは 悪魔の力を使う
  最終的には命まで奪う力を

 遊び半分でも人を呪ってはならない 
   心のスキに悪魔が入って 永遠の地獄へ

聖書にも書いてある


呪いの言葉は出してはならない
  神様を悲しませ 悪魔を喜ばせることになる

では敵に 悪意に
 
 聖書には、ロマ12:14
  祝福する

 イエス・キリストの名で祝福する
nice!(0)  コメント(0) 

同調圧力に屈しない [Shuzo Koita]

(2018日) 小坂周造氏

ミカヤのことを思い出させて頂きました。
400人の預言者が王に軍事行動を是としているところを
使いの者に釘をさされていたのにも関わらず反対した。

主は生きておられる、奇跡はある、ということ、
イエス・キリストが唯一の救いの道であること、

力強く語っていただきました。
不確かな記憶が復活、理解が厚くなりました。
ありがとうございます。



----memo

ノアと家族だけ

ソドムとゴモラの時 ロトと家族だけ

常に正しい者 神様に従っている者はマイノリティー

マイノリティーという理由で恐れてはならない

大勢の歩む道が滅びの道のことがある

神さまから示されたことであるなら
断固として宣言 突き進む

人数の多さ倍率は何の意味もない

断固とした決断をする

例 預言者ミカヤ
 ヨシャファト 良い王ではあったが、
イゼベルの影響を受けて偶像崇拝に染まっていたイスラエルの王と
婚姻関係となった。

ラボドギレアデ?を軍事行動を 
ヨシャファトはまず主の言葉を求めてください
イスラエル王は預言者400人に聞いた
  軍事行動を

イ王 もう一人いるが災いばかりで憎んでいる ミカヤ

ミカヤを呼ぶ 使いの者が同調圧力をかけた 

ミカヤ 主は生きておられる。主が私に言われることを告げる

   400人を無視して 死ぬよ
 400人は偽りの霊に騙されて

 奇跡は今でもある。今でも生きておられる
ミカヤのように

  聖書の御言葉 神の御言葉 本当にそうだ。


nice!(0)  コメント(0) 
Shuzo Koita ブログトップ