So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Ecclesia Catholica ブログトップ
前の10件 | -

キリストの香り(14) - 善き死のために [Ecclesia Catholica]

(2011日)

フランクルの「諸条件に対するあり方を決める自由」の再確認。
シスターが使われる「小さな死」の意味が以前は分かりませんでしたが、
嫌なこと、辛いことを笑顔でするという瞬間、
自分が小さな死を受け入れたのだと、こういうことなのだと理解しました。

イエス様の横の盗賊を天国泥棒と呼ぶとのことに、
ウケました。全くもって同感でした。



----memo

被造物として 諸条件の下でしか生きていけない

病弱 国 時代 

フランクル 遺伝環境の産物ではなく
     諸条件に対して在り方を決める自由
  他の動物とは違う人間の尊さ
    
   いつか死ななければならない

  死は全て悪いものではない
  
 11月 死者の月 カトリック

 キリスト教 死は新しい命に入ること

  永遠の命への門出
  使命をいただいてうまれてきた

 私なりに自分の命を使ったときに
  使命を果たして神様の御下へ

  死がいつおとずれてもいいように準備

 30分後の死に

 小さな死 18歳洗礼 マリア様への祈り

 自分にとって一番大切な瞬間は死を迎える時

 父43発の銃弾

 イエス様の横の盗賊 天国泥棒
    

アロイジオ


「神の母聖マリア
罪深いわたしたちのために
今も
死を迎えるときも
祈ってください」

聖母への祈り

nice!(1)  コメント(0) 

カトリックの教え(7) - 天使 [Ecclesia Catholica]

(2006日)昔、洋画で、天使やガブリエルがでてきても
ピンとこなかった。

守護天使と特別の天使がいて、肉体がない存在。

今回のお話を機に聖霊との違いも学び、
聖霊は神であるが、天使は被造物だということ。

悪魔は被造物たる天使の罪によるバケモノであるなら、
悪魔が御子たるイエス・キリストに誘惑しても無駄となる。

数十年のモヤモヤとした疑問が氷解していきました。
ありがとうございました。




----memo


霊魂 命の源 2つの能力 知恵と意思

神さまは天国で天使をお創りになられた
 純粋な霊

一人ずつに守護の天使がいる
   小さい子どもでも

 別に 特別の天使は神様のみ使いとしてメッセージを伝えた

ガブリエルはマリア様に頼まれて救い主の母になることを知らせました。

羊飼いたちにメシアの誕生を伝えた


ある天使が悪いことをした。
 天使は肉体がないから肉体的な悪はできない

 精神的な罪を犯した。 2つ 傲慢と憎しみ

傲慢になって神さまよりも自分が偉い
 神様に対して嫉妬し、神様を憎み、離れて
 神様と結ばれていたときの喜びを全て手放した

  サタン 悪魔  

 最初にアダムとエバを誘惑 イエス様も誘惑

 「サタン退け」



「いと高き 天においては
 神に栄光
 地においては
 御心にかなう人々に平安」
nice!(0)  コメント(0) 

キリストの香り(13) - ていねいに生きる [Ecclesia Catholica]

(2011日)

「明日のことまで思い悩むな
 明日のことは
 明日自らが思い悩む
 その日の苦労は
 その日だけで十分である」

マタイ6:34

ですが、それは「その日」を明日があると思わずに生きることでした。
明日を考えることは「甘え」とのことでした。

吉兵衛さんの、毎日の「これが し始め し納めだ」
という丁寧にする瞬間への集中力を身に着けたいですね。




----memo



自分がまだ使える時間

必ずしも年齢とは 事故等で

死の宣告 重みは違う

ものを造る人間にとって明日は甘え
その日にしかなかったように丁寧に生きる

明日の保証はだれにもない

自分のためではなく神のために宝を貯めなさい

茶道に一期一会 これは日常生活の中で

堺 吉兵衛 昔 妻の 「これが し始め し納めだ」

毎日の平凡は生活を非凡にするのは自分にかかっている

ていねいに両手で頂いて生きる
nice!(0)  コメント(0) 

カトリックの教え(6) - 人の霊魂 [Ecclesia Catholica]

霊魂の説明が体系的になされていた。
他の生物の違いなど分かりやすかったです。


私は復活であり生命である
私を信じる人は死んでも生きる
生きて私を信じる人は永久に死なない。

ヨハネ11章25-26を採用されました。
「死んでも生きる」のはそうありたいと思えますが、
「永久に死なない」というのは、悪い意味なら地獄ですが、
「天国で」という意味でしょう。

「永遠に生きる」ことに負の固定観念があった身としては、この箇所は素直になじめません。



----memo

すべての生物に魂がある
人間には霊的な生命があるから霊魂という

霊魂は身体から離れても腐敗しない

霊魂に精神的な能力2つ 知恵と意思
知恵は精神的に考えるもの
   考えも2つに カタチのある考え 脳の働き
          抽象的思考  愛 真理 命
意思は精神的に霊的に愛する能力
     愛も2つ 肉体的 好き嫌い 肉で好きになる 自己中
          精神的 意志の精神的な力で愛することができる
                 相手の幸せのため

          
 嫌いな人を祈る 


nice!(0)  コメント(0) 

キリストの香り(12) - 小さな死 [Ecclesia Catholica]

(2011日)シスターの父が2・26で殺されたが、
関西の番組で殺された側で出演依頼があり、
何度も断り仕方なく出たら殺した側がいたそうだ。
最低の屑番組ですね。時間が経っているとはいえ、
土足でシスターの反応を試し晒し、それで視聴率を得、収入に変換した。

が、こういうのは神の所有物を侮辱する行為なので、
赦されない罪で、私がどうするまでもなく、
知っていた人間には適切な不幸があるのでしょう。




----memo


9歳 
s11年2.26 家を襲撃
父が陸軍軍人に殺された

6時

軽機関銃の音 生涯忘れない
数分で死んでしまった

43発の鉛の玉ではなく 人を殺すのは背後で打たせた人の心

修道院入って20年たった頃 テレビで
何度も断り 仕方なくでたら 殺した側がいた

コーヒーいれてくれたが1滴も飲めなかった。

赦すと言葉で言っても、身体が許していなかった
同時に父の血が流れていることにうれしかった

赦すことは難しいと
が、もっと難しいのは悪意の塊のような人たち

華々しい死ではなく、毎日のチクチクした痛みを笑顔で受けること

修道院から50年 「小さな死」自分の一つのモットー

リハーサルを繰り返す 小さな死を繰り返す
そのことで大きな死を迎えることができる?

口で「小さな死」と呟くことで意味あるものに変えることができる

人に殺されるのではなく、主体性をもって死ぬ
意味のある死に変えることができる

八木重吉


ヨハネ12-24
「一粒の麦は地に落ちて死ななければ一粒のままである
 だが死ねば多くの実を結ぶ」

nice!(1)  コメント(0) 

カトリックの教え(5) - 神の創造と進化論 [Ecclesia Catholica]

(2006日)

理解していたつもりだったのですが、
良い整理になりました。
肉体は母から与えられるが、霊魂は神様からでした。
ここが基本ですね。



----memo

何もなかった
神さまは物を作ることを考えられた。

ビッグバン 聖書にあっている

光 矛盾してない

命のない鉱物 水 石
次に 生物 植物から動物 最後に人間

人間には特別なハカライ
 似せて 霊的な命を授けた

これではじめの創造がおわった


変化が起こった  
  進化 

2つの進化論
  無神論的進化論
  認めている進化論 一つ注意
   肉体は同じ材料
   霊魂は肉体ではない

 肉体は母からだが、霊魂は神様から

 神様は材料をはじめに作った 
  
 電気のように神様が流れている
  
nice!(0)  コメント(0) 

キリストの香り(11) - 赦し [Ecclesia Catholica]

(2011日)

今回も難しいお話でした。
シスターも実際に人に無条件無制限に赦すことは難しいとされた。
私は、右の頬を殴られたら左の頬を出しますが、後ろからは話が変わりますね。
又、それはイエス様も相手が人間であることと、神への信仰が自明の前提だったと思いますね。
イエス様も異邦人の女を犬扱いし、その女が信仰を表明したので人間扱いに変えられた。

が、心の在り方として、居直って相手の非を思念することは不健康なので、
シスターの言われるとおり、「赦したいという気持ち」を持つことは大事だと再確認しました。

ありがとうございます。



----memo

主の祈り

キリストが教えた祈り ルカ11 2-4

人を赦す部分 自分に向かう厳しさ

特徴 無条件無制限

ペテロが聞いた 何回赦せいいですか 7回ですか

3回ペトロに「私を愛するか」と聞いて赦した

「赦せる私にしてください」

1万タラントの借金を赦してもらった人が わずかを

八木重吉の詩

無条件無制限に赦すことはできなくとも、赦したいという気持ちは持ちたい


nice!(1)  コメント(0) 

カトリックの教え(4) - 神の本性と特性 [Ecclesia Catholica]

(2006日)

不勉強な私は、今回の切り口でのお話を聞いたことがありませんでした。

アテネの人たちが「知らない神」のためにしていたことが、
「真の神」という皮肉なことだった。

4つの特性を祈りながら思い出すと良いそうだ。

また、「私たちは神の中に生き動き存在する」
ということも、四六時中ではありませんが、
身体で感じる時があります。





----memo

エジプトの奴隷 イスラエル
モーセ

「私は在る」

ヤーウェ

存在

無限で完全
4つ 永遠 偏在 全知 全能

神さまは新しい存在を受けることも失うこともない
変わることのない特性

どこにでもいる 偏在

パウロ アテネの人たち 知らない神のために
  真の神

私たちは神の中に生き動き存在する

---

全知 完全な知恵 過去現在未来 心の底のことも

全能 4つの特性を祈りの時に思い出すといい
 祈らなかった必要なものも与えて下さる


nice!(1)  コメント(0) 

キリストの香り(10) - ほほえみの力 [Ecclesia Catholica]

(2011日)

もしあなたが
誰かに期待したほほえみが
得られなかったら
不愉快になるかわりに
あなたの方から
ほほえみかけてごらんなさい
ほほえみを忘れた人ほど
それを必要としている人は
いないのだから


シスターが紹介された『ほほめみ』の詩の一部ですが、
素晴らしい詩でした。

書いてもいいのですが、
全文のシスターの朗読を是非、お聴きください。




----memo


マザーテレサ3度目の日本訪問

岡山ノートる 大学で講演

 学生から奉仕団を結成して カルカッタへ マザーへ

が、周辺で、とのこと

2年半 卒業生の手紙 商業高校の国語の教師

 「先生だけは私を見捨てないでおいてくれた」
 お荷物の生徒

 目があったときに ほほえんでいた

 4年間にシスターから ほほえみの大切さを聞いていた
 実感した
  奉仕団結成の話の一人だった

 学校でカルカッタをみつけた

 ほほえみ 
  最後の1行
 ほほえみを忘れた人ほど 

 詩
 
 学生たちに 
 
 愛のないところに愛の種を植えていくことが大切

 

nice!(1)  コメント(0) 

キリストの香り(9) - 一人一人の魂への愛 [Ecclesia Catholica]

(2011日)

マザーへの批判に答えられていた。

悲惨に死んでいく人が多数いる中に、施設を準備して、
最低限の物と人を集めて、看護をして、安らかで穏やかな死を迎えることができるようにされた。

マザーの知名度と寄付金が巨大だからと言って、その目的以上のことを求めるのは
筋が違う話だったのでしょう。

洗礼は安らかな死後を思っての善意なので、
信じていなければ無意味な行為であって批判する価値がない。


その他、非難すべき点があったとしても不完全な人間ゆえの
間違いなのでしょう。




----memo

0905 マザーの命日

『死を待つ人々の家』
薬などの与え方

「私は与え続けます。・・・望まれないで生まれてきた人たちです」
「人間以下の扱いを  」
「名前 宗教を尋ね 死ぬ間際に『ありがとう』と言って死んでいく」

合理性や効率とは違い、薬・人手で、感謝され死んでいく 尊い使い方

医者「見るべき医療は無いが、真の看護があった」

マタイ25 安らかな穏やかな死を迎えることができる。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - Ecclesia Catholica ブログトップ