So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
講義-神学等 ブログトップ
前の10件 | -

キリストの香り 4「人生の穴と向き合う」 [講義-神学等]

(2011日)ヨブに対して神様はサタンの攻撃を許可された。
ヨブは罪なく、財産や家族を失ったが、

「幸せを神さまから頂いたのだから、不幸も頂くのが当たり前ではないか」

とした。
はじめは、恨みごともあったのでしょうが、この域に達した。
恨んでも良き事はない。

確か、3人の友人が自己責任論でヨブをナジッていたが、
不当に貶められる状態だった。

「不幸を頂くのも当たり前」
と言うのも、そう言い切るのは難しいでしょう。




---memo

穴 病気 死 裏切り

どう向き合うか

20c ニーバー 
  「変えられられない物
    ~

  自分の態度

 見えなかった物を空いた穴から見ようとする

 ヨブ記
  幸せを神さまから頂いたのだから、不幸も頂くのが当たり前ではないか

 牧師
  
 復活祭 前夜祭 
  闇の価値 暗闇が光のありがたさが分かる
  穴 闇の意味を分からしてくれる


 
nice!(0)  コメント(0) 

「主権者と門」黙示録3章7節8節 [講義-神学等]

(2016日)『鋼の錬金術師』で「門」があって、
その門の向こうには別の世界があった。
何か関係があるのか気になって拝聴しましたが、
全く関係ありませんでした。残念でした。

が、今回、勉強になりました。
「王である祭司」という言葉が初耳の如く気になりました。
スルーしていたのでしょう。

イスラエルが世界の祭司だったが、レビ族となる。
ペテロが言ったが、ルターが万人祭司としたので、
クリスチャンは取り成す者としての役割があるそうだ。





----memo

主権者は誰か

フィラデルフィラ 人通りが多い 要害

少しばかりの力 旅人をもてなしたのではないか
キリスト者を明かした者へ持て成し

その相手のその後が分からない

そこで何をするのか 祈る

ダビデの鍵

私たちは「王である祭司」としての役割を果たす

祈り2つ 
1 叫び 願いでる 聖なる捧げものとして
1 神の前に静まる 神の意思を聞く

日本は閉じられた門 たまに聞く


3か所 ホセア3 4.5
 エレミヤ 33 17-22
   ダビデに座る王座は絶えない
 エゼ8 16 太陽を拝んでいる

 王族としてダビデの王座を守っている
 イスラエルから移動した

  個人的に思っている

 では、一人一人はどうしていくべきか

  日本での奇跡のキリスト者
    もの凄い確率 灯台

 役目 王である祭司としての

 神との双方向

nice!(0)  コメント(0) 

キリストの香り 3 「どんなことにも感謝しなさい」 [講義-神学等]

(2011日)河野進牧師の詩を紹介される。
素敵な詩でした。生涯忘れない詩となるでしょう。

逐一、「その通り」と腑に落ちましたが、

実践となると自信ないですね。



---memo

テサロニケの手紙

 いつも喜んでいなさい

「どんなことにも感謝しなさい」

3つ
1 御利益宗教ではない
2 人は不完全 神様の責任にしてはならない
3 試練には耐えれる恵を与えて下さる

人間の似姿 
 理性 じゆういし 考える力 選ぶ力  自由

 ビクターフランクル

  人間を生かすのは意味である
   
 諸条件に対して在り方を決める自由

 イエス様は十字架から降りない自由をお使いになった

 河野進 牧師 どんな息を吸っても吐く息は感謝で
nice!(0)  コメント(0) 

キリストの香り 2 「絶えず祈りなさい」 [講義-神学等]

(2011日)前回の続きですが、時間が経ちましたので、1から聞き直しました。

実践すべきだと思いました。
聴いてよかったです。

同じことを別の人が言っても、「上手いことを言いやがって」
となるでしょう。

が、渡辺和子さんのお話は素直に心に入ります。
口先でなく、心からの祈りをなされてきたからでしょう。




----memo

マザーテレサの通訳

30で修道院
  アメリカで

雑用はない。用を雑にするから

祈りながら

時間の使い方は命の使い方


マザーのフラッシュも
nice!(0)  コメント(0) 

「死との契約よみとの同盟」イザヤ書28章14節から19節 [講義-神学等]

(2018日)基督命(モトイ トクメイ)氏

私は「この世」の番組を毎日のように見るが、
そこに耽溺せずに、血の契約を心に据えて、楽しむことを
確認させて頂きました。

南のユダが北を嘲笑いながらエジプトと同盟するかの愚には
神さまは叱責なさることを常に心に置いておかなければならない。

全ての理解には至りませんが、
貴重なことを学ぶことができました。



----memo

この時代の民も、見える物に頼った。

エジプトに頼って滅んだ

南のユダは北の滅ぼうとするサマを笑うが、
ユダはエジプトと同盟

神さま叱責

今 惑わしの時代 必ず終わる

携挙後に反キリストが現れる 後 ハデスがいきわたる

黙示録的には現在は平和

教会がハデスをおさえている。

神から離れた素晴らしい物でも
 滅びつつあるものに耽溺x 血の契約の上で


血の契約を心に据えて、

nice!(0)  コメント(0) 

「背教とその偽り」第2テサロニケ2章3節から12節 [講義-神学等]

(2018日)基督命(モトイ トクメイ)氏

数年前に黙示録はサラっと流しただけであり、
また、これまでの私のキリスト教知識とは角度の違う用語が連発されるので
「現在」の認識で危機意識は共有するものの、
違うモノを見ているのでしょう。
もっと勉強しなければなりません。




----memo


獣のような反キリスト 

不法の秘密が働いている

獣の時代がきつつある
  
 私たちは見張り人として召されている

まずは背教の子が現れる

携挙後の大混乱に反キリストが奇跡を伴って活動
その嘘に人々がすがりつく キリスト教徒に対する大迫害になるだろう
映画『宇宙戦争』

宇宙人にさらわれたことにするのではないか

イザヤ書
見張り人は盲目で

教会は眠っている時代

祈りの中で
nice!(0)  コメント(0) 

「全世界の問題の根源」第一コリント13章2節から8節 [講義-神学等]

(2016日)講師 基督命(モトイ トクメイ)氏

チャンネル登録が1000を超えている。
私はブログ8年やっているが、そういう数はとても無理だ。
さすがに真摯に熱く語られる。

どうやら20分前後で1つのテーマを扱われているようだ。
勉強にもなり面白そうだ。




---memo

2分半 本質を語る 余計なことを省く


現代、自分中心の愛となっている。


nice!(0)  コメント(0) 

CISMOR講演会「東西間のイスラーム・カリフ制 −歴史的考察と現在の展望」 [講義-神学等]

(2011日)まさか3年後の6月29日に、
ISILがカリフ制イスラム国家の樹立を宣言するとは
当事者以外は普通は誰も想定できないでしょう。

講師が1人間に合わず、又、一部非公開にされたようで、
今回の約38分は、あまりにも短かかったのですが、
ラディカルな議論で勉強になりました。




---memo


中田

講師Pankhurstが成田で入れなかった。3.11


カリフ制の説明
 歴史的存在 

ムスリム同胞団 最終目標 一国イスラム化 カリフ制

カリフ制なぞ夢物語とイスラム関係者の多くも思っている。

カリフ制は国民国家を超えるもの

イスラム原理主義≒カリフ制
 ムスリム同胞団など原理主義でもなんでもない


ネーションステートを産んだヨーロッパが、
EUで国民国家を超えようとしている。カリフ制に近い


内藤 トルコ専門

 これ以上、イスラムと西欧世界の衝突を避けたいという立場


 メルケル ドイツは多文化主義の努力は失敗した
         Moslemが

  ドイルは口では言ったが、法的にはしてない


  マルチカルチャリズムの政策はとっていない。


 イギリス・オランダは多文化主義を法律で保障している

 フランスは世俗主義から宗教における多文化主義はとっていない


  詳細に見ていかなければならない

 多文化主義というのであれば、相手のコンテキストに沿って
 一度話を聞いてからでなければならない

nice!(0)  コメント(0) 

【完全版】「宇佐八幡の日本のルーツ」 久保有政師 [講義-神学等]

(2011日)

久保有政氏(レムナント出版代表、聖書と日本フォーラム専任講師・聖書研究家)

今回、俄には信じ難いことばかりですが、
「事実は小説よりも奇なり」なのやもしれません。
面白すぎでしょう。



---memo

真言密教
  3回横1回縦 十字架 景教の影響

大日如来はヨハネ1章と似ている


---
大分県
宇佐神宮 八幡神社 昔(ヤハタ)→ハチマン


秦氏 渡来人 応神天皇の時代に来た 新羅から
 秦氏の一族のカラシマ氏が造った

その後、ヤマトの大神比義が来る 神通力に優れている

今は応神天皇 宗像三女神 神功皇后 の3柱を祀っている

秦氏は普通天皇を祀らない 目に見えないもの

最初は天御中主神(あめのみなかぬし)聖書の地なる神様
後に天皇に変わったのではないか、神主「そうかもしれない」


宇佐神宮の元はヤハタ八幡宮

お神輿は宇佐神宮から始まった と言われている

その元が 薦神社(こもじんじゃ)
境内の三角池(みすみいけ)池がご神体


京都 石清水八幡宮
   秦族 銅 絹など技術を持っていた

キルギスでは、先祖がヤコブの子に12人いて
マナセの子孫と伝わっている


五胡16国時代 羌族

10氏族の内 クリミア半島に3

秦氏のルーツ2説 北方ルート 弓月が故郷説
         南方ルート チャン族→羌族

  →新羅


----

DNA的には  Y染色体 D系統を持っている率
         日本人とチベット人だけ

         E系統は全てのユダヤ人が持っている

造化三神
父  天(之)御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
子  高御産巣日神/高(皇)産霊尊(たかみむすびのかみ)
聖霊 神産巣日神/神(皇)産霊尊(かみむすびのかみ)

日本人は知らずに

秦氏は古代東方キリスト教に改宗したイスラエル人たち?
能や楽


nice!(0)  コメント(0) 

パウロとユダヤ教 [講義-神学等]


(2016日)

講師:勝又悦子准教授(同志社大学神学部)、村山盛葦教授(同志社大学神学部)


入門書的な理解からパウロの実像に迫る。
詳細なレジメを追いかけ講義に啓発される。

ユダヤ教からは「パウロなぞ単なるイカれた野郎」
だったのかもしれません。




----memo

勝又

パウロをテーマにすることを提案するも、
  ユダヤ教側からも言及が無く、困った


パウロが「信仰のみ」を言った時点で
 あっち側にいった人 leftした人

行為あってのユダヤ教

 異教徒(多神教)オベド・コハビーム
と異邦人ノクリーは明確に区別

  異端者ミーニーム

異教徒との取引は頻繁 観念ではなく現実生活

意図を重視

パウロ以前のユダヤ教が、異教徒との接触の中で、
安息日や穢れた物の扱いで、「意図」を重視していた。

パウロはマージナルなところからキリスト教を発展させた。

-------------
村山

 初期はユダヤ教内の一分派 当時は乱立していた

 2人のメシアを待望する派もあった クムラン教団

  パウロはナザレのイエスがメシアと確信した。
  キリスト教を作ろうとしたのではない。

 どういう条件で異邦人が入れるか不明

  
 パウロの普遍主義的思想は旧約聖書に既にあった。
  オリジナルではない
   異邦人の入会条件は見解が分かれる


    パウロは「信仰のみ」だけでなく、
   「行為」をも推奨している。
    律法順守も語っている

  パウロの時代はまだ神殿があった。
    

 ・日本のパウロ研究についての偏り
    
   律法順守 救いを獲得する手段ではなく
       既に救いのメンバーに入っている
     そのメンバーシップを維持するために律法を守る必要がある

   
 ・パウロは約90の聖書から引用を行った
    50以上がロマ書

  パウロの骨肉に母体としてのユダヤ教が存在していた。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 講義-神学等 ブログトップ