So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
講義-神学等 ブログトップ
前の10件 | -

CISMOR講演会「東西間のイスラーム・カリフ制 −歴史的考察と現在の展望」 [講義-神学等]

(2011日)まさか3年後の6月29日に、
ISILがカリフ制イスラム国家の樹立を宣言するとは
当事者以外は普通は誰も想定できないでしょう。

講師が1人間に合わず、又、一部非公開にされたようで、
今回の約38分は、あまりにも短かかったのですが、
ラディカルな議論で勉強になりました。




---memo


中田

講師Pankhurstが成田で入れなかった。3.11


カリフ制の説明
 歴史的存在 

ムスリム同胞団 最終目標 一国イスラム化 カリフ制

カリフ制なぞ夢物語とイスラム関係者の多くも思っている。

カリフ制は国民国家を超えるもの

イスラム原理主義≒カリフ制
 ムスリム同胞団など原理主義でもなんでもない


ネーションステートを産んだヨーロッパが、
EUで国民国家を超えようとしている。カリフ制に近い


内藤 トルコ専門

 これ以上、イスラムと西欧世界の衝突を避けたいという立場


 メルケル ドイツは多文化主義の努力は失敗した
         Moslemが

  ドイルは口では言ったが、法的にはしてない


  マルチカルチャリズムの政策はとっていない。


 イギリス・オランダは多文化主義を法律で保障している

 フランスは世俗主義から宗教における多文化主義はとっていない


  詳細に見ていかなければならない

 多文化主義というのであれば、相手のコンテキストに沿って
 一度話を聞いてからでなければならない

nice!(0)  コメント(0) 

【完全版】「宇佐八幡の日本のルーツ」 久保有政師 [講義-神学等]

(2011日)

久保有政氏(レムナント出版代表、聖書と日本フォーラム専任講師・聖書研究家)

今回、俄には信じ難いことばかりですが、
「事実は小説よりも奇なり」なのやもしれません。
面白すぎでしょう。



---memo

真言密教
  3回横1回縦 十字架 景教の影響

大日如来はヨハネ1章と似ている


---
大分県
宇佐神宮 八幡神社 昔(ヤハタ)→ハチマン


秦氏 渡来人 応神天皇の時代に来た 新羅から
 秦氏の一族のカラシマ氏が造った

その後、ヤマトの大神比義が来る 神通力に優れている

今は応神天皇 宗像三女神 神功皇后 の3柱を祀っている

秦氏は普通天皇を祀らない 目に見えないもの

最初は天御中主神(あめのみなかぬし)聖書の地なる神様
後に天皇に変わったのではないか、神主「そうかもしれない」


宇佐神宮の元はヤハタ八幡宮

お神輿は宇佐神宮から始まった と言われている

その元が 薦神社(こもじんじゃ)
境内の三角池(みすみいけ)池がご神体


京都 石清水八幡宮
   秦族 銅 絹など技術を持っていた

キルギスでは、先祖がヤコブの子に12人いて
マナセの子孫と伝わっている


五胡16国時代 羌族

10氏族の内 クリミア半島に3

秦氏のルーツ2説 北方ルート 弓月が故郷説
         南方ルート チャン族→羌族

  →新羅


----

DNA的には  Y染色体 D系統を持っている率
         日本人とチベット人だけ

         E系統は全てのユダヤ人が持っている

造化三神
父  天(之)御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
子  高御産巣日神/高(皇)産霊尊(たかみむすびのかみ)
聖霊 神産巣日神/神(皇)産霊尊(かみむすびのかみ)

日本人は知らずに

秦氏は古代東方キリスト教に改宗したイスラエル人たち?
能や楽


nice!(0)  コメント(0) 

パウロとユダヤ教 [講義-神学等]


(2016日)

講師:勝又悦子准教授(同志社大学神学部)、村山盛葦教授(同志社大学神学部)


入門書的な理解からパウロの実像に迫る。
詳細なレジメを追いかけ講義に啓発される。

ユダヤ教からは「パウロなぞ単なるイカれた野郎」
だったのかもしれません。




----memo

勝又

パウロをテーマにすることを提案するも、
  ユダヤ教側からも言及が無く、困った


パウロが「信仰のみ」を言った時点で
 あっち側にいった人 leftした人

行為あってのユダヤ教

 異教徒(多神教)オベド・コハビーム
と異邦人ノクリーは明確に区別

  異端者ミーニーム

異教徒との取引は頻繁 観念ではなく現実生活

意図を重視

パウロ以前のユダヤ教が、異教徒との接触の中で、
安息日や穢れた物の扱いで、「意図」を重視していた。

パウロはマージナルなところからキリスト教を発展させた。

-------------
村山

 初期はユダヤ教内の一分派 当時は乱立していた

 2人のメシアを待望する派もあった クムラン教団

  パウロはナザレのイエスがメシアと確信した。
  キリスト教を作ろうとしたのではない。

 どういう条件で異邦人が入れるか不明

  
 パウロの普遍主義的思想は旧約聖書に既にあった。
  オリジナルではない
   異邦人の入会条件は見解が分かれる


    パウロは「信仰のみ」だけでなく、
   「行為」をも推奨している。
    律法順守も語っている

  パウロの時代はまだ神殿があった。
    

 ・日本のパウロ研究についての偏り
    
   律法順守 救いを獲得する手段ではなく
       既に救いのメンバーに入っている
     そのメンバーシップを維持するために律法を守る必要がある

   
 ・パウロは約90の聖書から引用を行った
    50以上がロマ書

  パウロの骨肉に母体としてのユダヤ教が存在していた。
nice!(0)  コメント(0) 

村山盛忠「7世紀のイスラーム到来期におけるコプト教会の動向」 [講義-神学等]

(2010日)講師は日本キリスト教団の村山盛忠牧師。

コプトと東ローマ帝国との関係、
ササン朝やイスラムのとの関係だが、拝聴する。

「イスラムとの対話はない。既に共存している」
とのことでした。

気持ち良く啓発されました。



----memo

コプト(=エジプト)

ナショナルな意識が強い 民族意識ではない

政治的社会的構造からくる意識ではない

地理的政治的状況で宗教が生まれてきた


1)中世前後のエジプトの政治的宗教的背景

2つの柱
   ・東ローマ帝国 皇帝の存在

   ・451年 コプトをはじめ異端視 政治的分断
      
     皇帝派教会と反皇帝派教会という構造

    
 582年マオリキオス皇帝時代からハカス皇帝 
    ヘラクレイオス皇帝の時にイスラムの到来



  313 コンスタンティヌス大帝 公認
      最初のキリスト教の皇帝
     使徒と同列の聖なる皇帝
      皇帝の名で会議を招集
      人種や民族バラバラ→  教会の一致が皇帝の課題


 ・カルケドン会議は何だったか
    教義は会議の議題ではなかった
  
  主流3主教 
  ローマ主教 アレクサンドリア主教 アンテオキア主教  

  アレクサンドリア→コンスタンチノポリ に格の変更の採決
  アレクは反対 出ていく → 異端視 追放
 
  皇帝が任命した総主教 とで2人の総主教


----
  エジプト 穀物が豊富 →東ローマ帝国が成り立ってた

  ユスティアヌス皇帝(ハギアソフィア聖堂)財政悪化
  
  ヨハネス コプトの主教 アラブ到来期
  
   マウリキオス皇帝をクーデターで追放後10年間ついた
  フォカス皇帝 → ヘラクレイオス皇帝

   この時、ササン朝619~629年 占領 
   この10年間の記録が欠落しているが、
     コプト住民にとっては保護され自由だった。

    ヘラクレイオス奪還
        が、コプトにとって第2の迫害機
                  第1は1~3世紀の迫害
              殉教者歴を使うようになった
       
        皇帝派キュロス総主教が大弾圧   
      まずは神意論使うが失敗
   次に軍事的に

      アラブ・イスラム直前期

  
 結論 7世紀のイスラム到来によって、ある面で解放された
   そこから独自なナショナルな意識をもった
  国際性をもったコプトの歩みが生まれる

 
   コプトにとって修道院は非常に重要
   砂漠は魂の実験場 修道士が増大 ある時2万?

  
----
  シノーダ総主教
  イスラームとの対話はない。既に共存している。

 レバノンのスンナ派指導者 9.11後
 十字軍をキリスト教が言えば、隣人のコプトが苦境となる

 
----
津田大阪九條教会牧師
    支配者以前に 民側からアイデンティティー
nice!(0)  コメント(0) 

TCUオンライン講座「宇宙の目的」第4回(東京基督教大学 稲垣久和教授) [講義-神学等]

(2016日)賀川豊彦の言う「超越的根本実在」には仏や儒教の天も含んでいた。
そして友愛と連帯の社会を目指していた。

全4回、さわりだけでしたが、さらに賀川を知りたくなりました。




----memo

神道

6世紀 大陸 仏教儒教

16世紀 キリシタン


戦後 賀川 『東洋思想の再吟味』

1 超越的根本実在 仏教も 儒教の天も含めている
1 有限者に対して過去の悪を贖罪愛で修繕 
  世界連邦構想

宗教の役割
nice!(0)  コメント(0) 

TCUオンライン講座「宇宙の目的」第3回(東京基督教大学 稲垣久和教授) [講義-神学等]

(2016日)ハビアンという人の紹介があった。
wikiによると、1606年に黒田官兵衛の3回忌法要で説教をしているが、
その2年後に女学生と脱会している。
また、1619年に秀忠と面会している。

これは、マズイですね。神さまはお許しにならないですね。
地獄の中での扱いに幅があるなら、最悪の部類でしょう。



----memo

和魂

6世紀 仏教 儒教 知識人の学問の中心

それまで神道

16世紀 キリシタン

仏教12c 発展 一般人へ 鎌倉仏教


浄土宗の大仏  阿弥陀如来像

仏教の2つ 仏像系 禅系

イルマン=修道士 ハビアン改宗、が20年後転向 また攻撃

nice!(0)  コメント(0) 

TCUオンライン講座「宇宙の目的」第2回(東京基督教大学 稲垣久和教授) [講義-神学等]

(2016日)

賀川が戦後スグに「戦争放棄」を主張したようだ。
後に共産党ですら自衛権放棄に反対するが、先取していたようだ。
賀川はかなり個性的な政治家のように直感で思うのですが、
さすがに講座で生々しいことは教えないのでしょう。
動機や信念において潔癖であることに疑いはありませんが。


----memo


1931 満州事変
1937 日中戦争

1941 太平洋戦争
 44 B29 爆撃
1945 3.10  東京大空襲
    10万人死 100万罹災
  
 70 記録する会


---

皇国民錬成教育

戦後 賀川 「生新」発行
 戦後すぐ戦争放棄を主張

日本国憲法前文 大元に賀川の実践と言葉と哲学

nice!(0)  コメント(0) 

TCUオンライン講座「宇宙の目的」第1回(東京基督教大学 稲垣久和教授) [講義-神学等]

(2016日)全4回だそうだ。
第1回目は、賀川豊彦の簡単な紹介でした。
写真も何点かあり、賀川初心者は必見でしょう。



----memo

1888-1960
賀川豊彦 大伝道者
1958 本『宇宙の目的』

1923 震災 神戸から東京 救援活動

1931 満洲事変 松沢教会設立

T10 『死線を越えて』ベストセラー 収入→労働運動へ

本『宇宙の目的』 被造物に各々その存在に目的がある

「宇宙悪」 核のような人類そのものが消滅


2「戦争と平和」
3「和魂洋才」
nice!(0)  コメント(0) 

東京基督教大学 模擬授業「北朝鮮のキリスト教」西岡力教授 [講義-神学等]

(2011日)

貴重な授業でした。

「現実政治の中にも神様の御手が働いている」

と最後の言葉を厳しい現実の中で受け取れるのは、
信仰しかないのでしょうね。



----memo

映画『クロッシング』
脱獄者

政治犯収容所 

連座制 家族も


2種類のキリスト教

政府公認 偽キリスト教 中国とは違う

1945 北12万のキリスト者

現在約1万 500か所 15人の牧師


地下教会 昔から家庭で 増えている

nice!(1)  コメント(0) 

小原克博「政教分離──宗教の自由をめぐる国際的な論争」(講義「宗教と平和」第13回、同志社大学) [講義-神学等]

(2014日)政教分離の多様性。各国により歴史が異なるので、
政教分離の考え方、中身が当然に異なる。
最低限、これ位の知識は前提でしょうという中身だとは思いますが、
その概要を学ぶのに最適でした。

最終回でしたが、「学ぶ」というのは本来楽しいことだと実感しましたね。
今後は本とのバランスで、講義のペースを調整します。


----memo


タラル・アサド『世俗の形成』


ユグノー戦争(1562-98)
アンリ4世 ナント勅令 パリ以外礼拝自由
  1685廃止

フランスの政教分離


ライシテ(laïcité)の原則
• 「教会と国家の分離に関する法律」(1905年)により成立。
• 宗教と政治の区別、国家の中立性、公認宗教の多元性、政治
権力の独立、信条の自由。
• フランス憲法 第二条
• 「フランスは不可分にして、非宗教的、民主的、社会的な共
和国である。」


アメリカ
Separation of Church and State(教会と国家の分離)
• 合衆国憲法修正第一条(The First Amendment, 1791)
  国教樹立禁止 信教自由禁止不可

広義の政教分離 英独
  イギリス 国教あるが、実質最大限認めている
 ドイツ 持ちつ持たれつ 国家が教会税天引 公的教育で宗教教育

友好的分離 アメリカ
敵対的分離 フランス トルコ

  トルコ フランスモデル 
  ライクリック  ヒジャーブx
      国家が宗教を管理している コンコルダートに近い

ルネ・レモン『政教分離を問いなおす──EUとムスリムのはざまで』青土社、

進化論 生物の多様性 環境への適応 環境要因 偶発的遺伝学的変化
  神の創造否定
   学校教育でどう教えるか 政教分離の問題


政教分離は元々はキリスト教前提
  想定外ムスリム


• 世界人権宣言(1948年)第18条  サウジx
   宗教又は信念を変更する自由  
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 講義-神学等 ブログトップ