So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年12月| 2019年01月 |- ブログトップ
前の10件 | -

「契約の塩」マルコ9章49節50節 [雲の柱・火の柱]

(2019日)

私たち自身が塩であり、神の奇跡であった。
住んでる場所から嘆くこともあろうが、
火の試練であり、その試練を受け取ることが、
キリストに迎えられることだった。

また、神さま焼き尽くす火であられ、
私たちの内にいてくださる。
その神さまが共にいてくださることを忘れると、
火の試練にやられる、心が負け現実に負けてしまうのでしょう。

内にいてくださる神さまを焼き尽くす火と考えることに
目から鱗でした。



----memo

固い契約 神様との絆

なりなさい ではなく すでに塩そのもの

聖霊によらなければ主とよべない

私たち自身が神の奇跡

何か私たちの塩気を増すことができるのか

内に塩気 互いに和合しなさい
火である 

試練 その場の価値観との摩擦 火の試練

この試練を当然に受け入れる時、
キリストに迎えられる時 携挙 の時のために
火の試練を受け取りなりなさい

その試練が塩気を増す

別の火によって焼かれていた
 私たちの神は焼き尽くす火です
  その神さまが内にいてくださるので
 たとえ火の試練を受けたとしても 喜ぶことができる


キリストゆえに私たちは神の前にたてる

肉の見本はダメだダメだの連鎖
 イザヤ

が、イザヤは回復 焼き尽くす火である方をまず第一にみつめる
  でないと、世の火にやられる


nice!(0)  コメント(0) 

カトリックの教え(13) - キリストの公生活 [Ecclesia Catholica]

(2012日)

病気の治療など奇跡をなされた。
神の子であることを証明するためだった。

その上で、無実で磔刑を選ぶことで、人類の罪の贖いの生贄となられた。
この目的と手段により、罪を許す権威は、イエス・キリストのみに与えられる。
よって、「救い」もイエス・キリストを通さねばならないとなる。

どんな時も、そばにイエス様がいらしてくださる。
これは聖霊様ということなのでしょう。

昇天されたので神の右の座におられ、
別の位格である聖霊様が側にいてくださる。

が、三位一体論の説明を避けるならイエス様と表現するのが
いいのでしょう。





----memo

洗礼後 

多くの弟子ができた
12人を選んだ 使徒
イスラエルの多くを回った

特に強調2
神さまは父で 皆兄弟だ
自分が神であることを証明するために奇跡

ぶどう酒
病気の治療 目 耳 足 3人を復活 

ハヤット神父44回 イスラエル巡礼

特に印象的な出来事 イエス様のご変容
最後に 3人の弟子 高い山の頂上 
 顔は太陽のように輝き 衣は 
 「これは私の愛する子 わがこころに叶う者、彼に聞け」

「あなたと一緒にいる」超自然的に
私の心においでになるのです

病気のときでも、信仰があれば、それほど気にしない

nice!(0)  コメント(0) 

キリストの香り(19) - 善く生きるために [Ecclesia Catholica]

(2011の日)

ドイツ人の母親は、子供が朝、寝過ごそうが放置するそうだ。
寝る自由と責任を自覚させるための愛情だった。

今日、セルフコントロールが大切で、優先順位をつけ、自ら従う、
判断力と意思が必要とのことでした。


 「めんどうだから しよう」

という習慣を生徒にも教え、訓練させているそうだ。
私の行動原理にも組み込まれています。

「ブログ2つを毎日更新」

なかなかキツいのですが、どうにか習慣になり、
少しづつでしたが学習を積み重ねてはいます。

ネットで公開するネタのために、コンビニのアイスケースに入ってはいけないという判断力はありますが、
引き続き、シスターのお言葉で、より判断力と意思を高めていきたいと思います。





----memo

ドイツ人 日本人 隣人

頼んで息子に朝起きてもらう  のをドイツ母疑問

目覚まし時計で自分で起きるように約束させた
起きない時は起こさない
自由には責任を伴う それを習わせる

日本人は、起こしてやるという愛情
ドイツ人は 自由と責任を習わせるという愛情

人間には考える力と選ぶ力

ww2後 教育と自由 人格
 付和雷同するのは人格とは言えない

---
21世紀 セルフコントロールを忘れている
 
  今の時代、携帯、スマホなど誰と連絡とっているか
 親は分からない

 セルフコントロール 待つこと 我慢すること 赦すこと
  優先順位をつけて従う 判断力と意思の力

 「めんどうだから しよう」
  習慣をつける 「善く生きる力」
 
 環境の奴隷でなく環境の主人として
nice!(0)  コメント(0) 

【本の旅】重吉と旅する。 神林 由貴子 2018-01-19[440] [CGNTV]

(2018日)

「私の詩」に

  ここに私の詩があります
  これが私の贖である
  これらは必ずひとつひとつ十字架を背負うてゐる
  これらはわたしの血をあびている

とある。

自分の詩を「贖」とし、必ずひとつひとつ十字架を背負っているとしている。
「必ず」とし、「血をあびている」と表現する

読者へ捧げる詩であったり神様へ捧げる生贄として書いている。
そこに嘘や誇張は許されないので、交じっていない。
妻子に恵まれ結核で死を意識し日々、祈り、詩を捧げている。

私の言葉は、必ずしもひとつひとつ十字架を背負っているわけではない。
血をあびていない言葉の方が圧倒的に多い。

私が覚えているのは「サラダ記念日」だけで、詩ではなく短歌だそうでした。
今回、全く知らない感覚を得ることができました。

本の旅.jpg
CGNTV【本の旅】重吉と旅する。 神林 由貴子 2018-01-19[440]

----memo


八木重吉 29没
5年で3000の詩

英語教師

東京 町田市民文学館 遠藤周作も住んでいた

甥 八木さんの協力

m31 農家の次男 かんしゃくもち短気

21で洗礼 高校教師 

はじめは短歌 ラブレター 3か月63通

結核で、家族は退学させて見合い結婚させるつもり 
拒否し恋愛結婚 2人の子

秋の瞳 1925 初
翌年 結核 
2冊目前に亡くなる
妻が大切に守った

詩の特徴
  信仰に 一途に 完結平明
   深い悲しみ 苦悩 故郷への思い
  美しくうたう面 激しく攻撃する面

  だんだんと研ぎ澄まされていった

かなしみ

 重吉にとって詩とは
  神様への捧げものと思われる
   

「私の詩」
  
  ここに私の詩があります
  これが私の贖である
  これらは必ずひとつひとつ十字架を背負うてゐる
  これらはわたしの血をあびている

 単によかったね ではなく 自分に 鏡

nice!(0)  コメント(0) 

「御手の中で」「イエスの十字架」 自作讃美歌 [聖歌・讃美歌等]

(2018日)

先週、自作で讃美歌を作られていたのに感動。
今週、さわめぐみさんの自作の曲を見つけました。
まず、「御手の中で」、次に「イエスの十字架」を聴きました。

「イエスの十字架」を静かに目を瞑って聴き、
3:30からちょっと熱くなり、聴き終えました。
素晴らしかったです。


「御手の中で」


「イエスの十字架」



nice!(0)  コメント(0) 

カトリックの教え(12) - キリストの洗礼 [Ecclesia Catholica]

(2006日)

イエス様は12歳の時にエルサレムに行かれ、
父母から離れててしまった。

確か、母マリアが心配したが、
親の心、子知らずのような態度だった。

生意気な神童だったが、
大人になっても、群衆の中での説教の際に、
自分の母を大切にしなかった。

そして母の目の前で先だった。


ヨハネの洗礼に罪を許す力は無かったとされたが、
悔い改めの儀式なのやもしれません。

それでも、受洗者を悔い改めさせていたというのは、
凄い宗教者なのでしょう。





----memo

30まで普通の生活 洗礼

ヘロデは殺意 自分の立場がなくなる心配

30までナザレ 1回だけ 特別の力・知恵を見せた
12 エルサレムへ 行方不明3日 神殿の中
  聖書学者たちと問答 
  周囲は驚いた

  30の時 洗礼者ヨハネ 
  死海の北のヨルダン川で 

  ヨハネの洗礼はしるしだけ 罪をゆるす力はなかった

  イエス様は 聖霊と火 罪をゆるす力
  火は愛の意味だと思う

  イエスの洗礼申し込みをヨハネは拒んだが、
  再度だったので
 
  鳩があらわれた 
  
  ペルソナ ラテン語 位格 

  聖霊が鳩の形になって

 「 イエスは 
  彼らとともに下り 
  ナザレに帰って
  二人にしたがって生活された


ルカ2:51
nice!(0)  コメント(0) 

「神の報復の時代」第2テサロニケ1章6節から10節 [雲の柱・火の柱]

(2018日)

サタンの誕生が聖書のどこに書いているのか分からなかったが、
今回、知ることができ、感動しました。

2節で「地はむなしく」「淵」と暗い表現がでるが、
こういうことだったのかと、サタンの誕生に感動してしまいました。

サタンが、その都度その都度、邪魔をしにきているとのことでした。

「携挙」がなされてもサタンが地を支配しているので、
地上に残っている人間はまだ「携挙」はきていないと思い込んでいる場合もあり、
実は今が大患難時代に突入している可能性もあるのかとも
想像を無理無理にかきたててしまいます。





---memo

終わりの時代の私たちの立ち位置

サタンの歴史

 キリスト阻止の歴史

大患難7年後イスラエルに国家的悔い改め 地上再臨

1000年共に治める 永遠の身体もある

2種類の人 地上の肉の人 と キリスト者

サタン 創世記1章1節から次の瞬間 サタン

サタンは神のようになりたいと思った瞬間、地に落ちた
が、神様が人間を作った瞬間 嫉妬

----

今 サタンは何をしているか

 5月14 70周年の建国記念日 
 
 19471129 預言成就 

 携挙の瞬間に破滅が訪れる

  
nice!(0)  コメント(0) 

キリストの香り(18) - 夜は近きにあり [Ecclesia Catholica]

(2011日)

「祝福を数えなさい」に対して、祝福として数えるとのことでした。
それが分かりだしたのは近年の話です。

失ったものにではなく、得たものに目を向ける。

一つ一つに感謝し、それが辛いことだと分かっていても
「いただきます」と受け取るとのことでした。

とても深いお話でした。




----memo

国連の重要性

ハマーショルド事務総長 
敬虔なクリスチャン 有能な外交官でもあった

キリストにならいて」事故死亡時所有の本

1953 任命 日記 
 夜は近きにあり
   過ぎ去ったものにはありがとう
  来たらんとするものには  よし 

1年を終えるにあたって 
  すべてに「ありがとう」と言える自分でありたい
  
 すべては神の御手をとおる

 修練院 20前半の人たちと共同生活
  
・祝福を数えなさい

 たった一人の日本人

  数えるものがあるのか?

  が、祝福として数える

 全てのことに意味があり、意味あらしめないといけない
 失ったものでなく、得たものに目を向ける
  
 ハマーショルドを支えたのは 耐えられない試練
  逃れる道を備えて下さる

 一つ一つに感謝し、それが辛いことでも
  いただきます 

 
nice!(0)  コメント(0) 

なぜキリスト教には多くの宗派があるのか? [Shuzo Koita]

(2018日)

私は楽器で考えてしまいます。時代と共に種類が増えてきた。

オーケストラにアコーディオンや三味線が相応しくなくても、
それは他宗教で、それはそれで存在意義がある。
救いはイエスキリストを通さなければならないが、
実は、輪廻があるのでしょう。


------追加1/17
恥ずかしながらアコーディオンも使われるとのことでした。
----



----memo

ネガティブにとらえる人が多い

神さまの介入時に分裂

初代教会に模範を見ることができる




新しい宗派はリバイバル時

中世暗黒時代 ラテン語独占 免罪符

ルターを神様が用いた

ウェスレーでメソジスト

   ペンテコステ カリスマ派

対立分裂で宗派が誕生x 神さまの介入

唯一性と多様性

万人救済説x

多様性 ある程度違った方がいい

宗派は身体の一部


nice!(0)  コメント(0) 

20160911「見よ、日本人は今、救いを待ち望んでいる」 [講義-神学等]

(2016日)

     手束 正昭 元老牧師 (日本基督教団高砂教会)
     奈良福音教会

-------

日本が世界一豊かな国で平等になったということだった。
ローマの平和の時代のごとく、暗愁で、経済が恵まれても空虚だそうだ。
絶対的貧困はなく、餓死もレアケースで、ほぼ無いと言っていいでしょう。
中流階級と意識する層なら25%程、キリスト教を求めるのやもしれません。

年額1万前後で安心を与える仏教系教団の方が
低価格で、ぶ厚い聖書を読まなくてもいいのが魅力でしょう。

日本人のアイデンティティーを否定してはならないなど、
その通りだと思いますね。
が、誇張を丸飲みせずに是々非々が必要なのやもしれません。





----memo

民族総福音化運動 全国11ブロック 
関西ブロック 奈良地区長 宮谷?

奈良 ナーラー 元々ヘブル語 終着点 シルクロードの 

祈ってうまくいかない 神様の深い御計画がある

鐘紡と交渉したが、教会で反対
が、さらに良い方向になった

アジアに来たが
日本に キリスト教がきた

ローマの平和の時代 5賢帝
人々は空虚 疑似的宗教 道徳的退廃
暗愁 経済的によくても

二葉亭四迷 暗愁を解決できなければ宗教といえない
パスカルも同じこと

人間はチヤホヤされるほど空しい 麻薬
 
だから主なる神様は福音を西に向けた


平等に豊かになる 日本は世界一豊かな国

日本の自殺 グループ1984

パンとサーカス 日本人には空虚さと暗愁

日本人は宗教を求めている
 25%がもし求めるとしたら キリスト教

日本人のアイデンティティーを否定してはいけない

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
2018年12月|2019年01月 |- ブログトップ