So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「キリスト者の報いと損害」第一コリント3章10節から15節 [雲の柱・火の柱]

(2013日)考えされられることです。

祈っていても我欲が残り執着するのは良くないですね。
身を任せた状態の時もあれば、そうでない時もある。
肉の自分があるが、完全に肉でなくなれば、それが完成形なのでしょう。

動機がずれて別の何かに執着してはいけないと了解いたしました。






---memo

裁かれることはないが、報いと損害がある
動機が試される

結論、日々の祈りと礼拝

肉的キリスト者にパウロは書いている

動機がずれてミニストリーのためになる

王である祭司として日々、祈りと礼拝が大事

今、キリストに身を明け渡しているのか、いないのか
nice!(0)  コメント(0)