So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【Ministry】シリーズ・日本の説教者(4)岩島忠彦(カトリック・イエズス会司祭) [Kirishin]

(2010日)「キリスト教的現実主義」のくだりに、その通りだと思いました。
昔は、信仰が現実を直視できない弱い者が抱く妄想だと捉えてましたが、
そうではなかった。

自殺が不可で生きざるを得ない以上、
どうしても考えるのでしょう。

その他、独身の独自の霊性や、「キリストの意味」のくだり等、
さすがに原理的であり、そうなのだろうと同意します。




----memo

説教は仲介
35-40分話していた 

カトリックは型が決まっている

宣教というのは経験や信念を語るものではない。
御言葉を話すこと

自分に受け止めたことと説教する相手と共有できるもの

1つだけ 2つ以上あってはいけない

復活節 2か月続く 
 言うこと無くなる キツイ

 遠藤周作にも私にしても 自分に傾いている?

キリスト教的現実主義
 
 信仰ある人間でないと過酷な現実は直視できないのではないか

独身 長い間つちかわれたもの 独自の霊性
規定は外してもいいかもしれない

現代における教会 
  型ができすぎている
  単純化されすぎている

 次世代へのメッセージ

 信仰のために命を使おう そういう潔さを見つけにくい
 
 キリストを偉人にする風潮

 キリストの意味を自分で本当に大切にしてなければ、
 聖職者になるべきでない
 その信念 今日少々緩んでいる

nice!(1)  コメント(0)