So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第50篇 [詩篇]


捧げ物を形式的に行っていようが、神の掟を守ってなければ
当然に、神さまの怒りを招くこととなる。


22 NIV-JLB
----
“Consider this, you who forget God,
or I will tear you to pieces, with no one to rescue you:
神を忘れ去った者へ、最後のチャンスを与えよう。
わたしはおまえを引き裂こうとしている。
だれもおまえを助けることはできない。
----


新共同訳
----
神を忘れる者よ、わきまえよ。さもなくば、わたしはお前を裂く。お前を救える者はいない。
----


リビングバイブルは意味を捕捉するが、セリフになっていない。

その点、新共同訳は、恐ろしい。怖いですね。

nice!(0)  コメント(0) 

第48篇~第49篇 [詩篇]


49 12-13 NIV 13-14 新共同訳
----
People, despite their wealth, do not endure;
they are like the beasts that perish.
This is the fate of those who trust in themselves,
and of their followers, who approve their sayings.
人間は栄華のうちにとどまることはできない。屠られる獣に等しい。
これが自分の力に頼る者の道
自分の口の言葉に満足する者の行く末。
----

神から離れれば、獣だとしている。
新約時代では聖霊抜きでは、獣となる。

獣の中で生きるのは厳しい。

が、信仰で、獣に出会う数は激減するのでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

第45篇~第47編 [詩篇]


コラの子の詩


コラはモーセとアロンに反逆したが、
その子の詩とあるが、子孫の詩で、どうやらダビデかソロモン時代あたりのようである。



47 8-9 NIV 9-10 新共同訳
----
God reigns over the nations;
God is seated on his holy throne.
The nobles of the nations assemble
as the people of the God of Abraham,
for the kings[c] of the earth belong to God;
he is greatly exalted.
神は諸国の上に王として君臨される。神は聖なる王座に着いておられる。
諸国の民から自由な人々が集められ
アブラハムの神の民となる。地の盾となる人々は神のもの。神は大いにあがめられる。
----


さらに未来を見据えた預言の詩でもあるようだ。
エルサレム地方だけでなく、全地であがめられるとなっている。
nice!(0)  コメント(0) 

第44篇 [詩篇]


モーセたちへの反逆者であるコラの子の率直な詩。

神さまと会話ができる大預言者モーセへの反乱は、
たとえ親がしたこととはいえ、「子は関係ない」と味方してくれる者は
そういるものではない。

子は、神との関係について考える。


20-22 NIV-JLB
----
If we had forgotten the name of our God
or spread out our hands to a foreign god,
would not God have discovered it,
since he knows the secrets of the heart?
Yet for your sake we face death all day long;
we are considered as sheep to be slaughtered.
もし、私たちが神に背いて偶像を拝んだなら、
あなたの目にも留まるでしょう。
神は人の心の中さえお見通しではありませんか。
ところが私たちは、あなたにお従いしているばかりに、
常に死の恐怖にとらわれています。
まるでほふり場に引かれて行く羊のようになっています。
----

21-23 新共同訳
----
このような我らが、我らの神の御名を忘れ去り
異教の神に向かって
手を広げるようなことがあれば
神はなお、それを探り出されます。心に隠していることを神は必ず知られます。
我らはあなたゆえに、絶えることなく
殺される者となり
屠るための羊と見なされています。
----


今回、リビングバイブルは分かりにくい。

新共同訳が率直であり、神から離れてもロクなことがないと理解している。
nice!(0)  コメント(0) 

第41篇~第43篇 [詩篇]


モーセとアロンに反逆したコラの子の詩
10節までは神さまへの叫びを書いている。
最終節で、自分を勇気づけ賛美する。

反逆者の子が冷たい仕打ちにあおうが、
神から離れ無神論者になることはさらなる悲劇を生む。
だから、神に祈るしかない。



42-11 NIV-JLB
----
Why, my soul, are you downcast?
Why so disturbed within me?
Put your hope in God,
for I will yet praise him,
my Savior and my God.
しかし、私のたましいよ、
気落ちするな。動転するな。
神に期待せよ。
神がすばらしいことをしてくださり、
私はきっと賛嘆の声を上げるのだから。
このお方こそ、私の命綱、私の神。
----

新共同訳
----
なぜうなだれるのか、わたしの魂よ
なぜ呻くのか。神を待ち望め。わたしはなお、告白しよう
「御顔こそ、わたしの救い」と。わたしの神よ。
----
nice!(0)  コメント(0) 

第40篇 [詩篇]


律法に捧げ物の規定があろうが、主が真に望んでいるわけではなかった。


6 NIV-JLB
----
Sacrifice and offering you did not desire—
but my ears you have opened[c]—
burnt offerings and sin offerings[d] you did not require.
あなたが真に望んでおられるものは、
いけにえや供え物ではありません。
完全に焼き尽くすいけにえが、
あなたを特別喜ばせるわけではありません。
しかし、生涯を通じてあなたにお仕えしたいという
私の心は、受け入れてくださいました。
----

7 新共同訳
----
あなたはいけにえも、穀物の供え物も望まず
焼き尽くす供え物も
罪の代償の供え物も求めず
ただ、わたしの耳を開いてくださいました。
----


が、本来的にはアブラハムの子イサクを生贄に求めたように、
神への捧げ物の本来は最愛の者による人身御供なのでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

TCUオンライン講座「宇宙の目的」第2回(東京基督教大学 稲垣久和教授) [講義-神学等]

(2016日)

賀川が戦後スグに「戦争放棄」を主張したようだ。
後に共産党ですら自衛権放棄に反対するが、先取していたようだ。
賀川はかなり個性的な政治家のように直感で思うのですが、
さすがに講座で生々しいことは教えないのでしょう。
動機や信念において潔癖であることに疑いはありませんが。


----memo


1931 満州事変
1937 日中戦争

1941 太平洋戦争
 44 B29 爆撃
1945 3.10  東京大空襲
    10万人死 100万罹災
  
 70 記録する会


---

皇国民錬成教育

戦後 賀川 「生新」発行
 戦後すぐ戦争放棄を主張

日本国憲法前文 大元に賀川の実践と言葉と哲学

nice!(0)  コメント(0) 

第39篇 [詩篇]

11 NIV 12 新共同訳
----
When you rebuke and discipline anyone for their sin,
you consume their wealth like a moth—
surely everyone is but a breath.
あなたに罪を責められ、懲らしめられて
人の欲望など虫けらのようについえます。ああ、人は皆、空しい。〔セラ
----


ダビデが自分の罪を認め神さまから懲罰を与えられていると認識している。

サウルの下にいて純心だった時とは違い、
王となり私欲にもとずく殺人までしたことをも認めているのでしょう。


ダビデのように大罪であれ認めることなしには、
神との関係は維持できないでしょうね。
nice!(0)  コメント(0) 

第38篇 [詩篇]


20 NIV 21 新共同訳
----
Those who repay my good with evil
lodge accusations against me,
though I seek only to do what is good.
善意に悪意をもってこたえます。わたしは彼らの幸いを願うのに
彼らは敵対するのです。
----

こういう人たちがいるのは残念なことですが、
善意に対して悪意を返す連中は大人でも存在する。

子どものうちに叱られて分別がつくようになるのでしょうが、
甘やかされ大人になって繰り返すと、霊的に腐敗するのでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

第37篇 [詩篇]


主は正義を愛される。力の信奉者は正義を下位に置く。



37-28 NIV-JLB
----
For the Lord loves the just
and will not forsake his faithful ones.
Wrongdoers will be completely destroyed[c];
the offspring of the wicked will perish.
主は正義と公平を愛されるからです。
神はご自分の民を決してお見捨てになりません。
その人々は永遠に安全を保証されているのです。
反対に、悪の道を慕う者は滅びます。
----

新共同訳
----
主は正義を愛される。主の慈しみに生きる人を見捨てることなく/とこしえに見守り/主に逆らう者の子孫を断たれる。
----

nice!(0)  コメント(0)