So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ヨナ書 第3章 1-10 語りたくない預言を語る [十二小預言書]

ヨナがニネベで預言を語ると皆が信じた。
40日後に滅びると言って回るだけで、信じた。

今日、日本で、1人の個人が、街中でそんなこと言っても誰も信じない。

身なりが良く高貴に見えたか、逆だが、神がかっていたのやもしれない。


4-5 NIV-JLB
----
Jonah began by going a day’s journey into the city, proclaiming, “Forty more days and Nineveh will be overthrown.” The Ninevites believed God. A fast was proclaimed, and all of them, from the greatest to the least, put on sackcloth.
しかし、ヨナが町に入って説教を始めたその日から、人々は悔い改め始めたのです。ヨナは回りを取り囲んだ群衆に、「今から四十日後に、ニネベは滅びることになる」と叫びました。すると、彼らはヨナのことばを信じて断食を呼びかけ、身分の高い者から低い者まで、すべての者が荒布をまとって、悲しみを表したのです。
----



4-5 口語訳55
----
ヨナはその町にはいり、初め一日路を行きめぐって呼ばわり、「四十日を経たらニネベは滅びる」と言った。そこでニネベの人々は神を信じ、断食をふれ、大きい者から小さい者まで荒布を着た。
----


元々、ニネベで預言を語ることが嫌だったものの、
海での嵐の件もあり、ヤケクソの本気で語ったのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)