So-net無料ブログ作成

十字架挙栄祭 - コンダク - 聖歌の練習 [Ορθόδοξη Εκκλησία]

(2019日)


十字架挙栄祭を読む。


ローマ皇帝の母だった聖ヘレナが326年に発見したという、4世紀の話と、
エルサレムを占領されて奪還した皇帝イラクリイの7世紀の話があった。

が、アルメニアでは独立記念日と同日で祭日だそうだ。
アルメニアは301年に世界初でキリスト教国教化をしているが、
その時点では、まだ見つかってないので、十字架挙栄祭はない。

どの時期にどういう受け入れ方だったのでしょうね。
9世紀に東ローマ帝国から宗教的統合の要求があったが独自性を貫いたようだ。
その辺の経緯が面白いかもしれません。

その他もいろいろ学びたいです。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。