So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

第22章 イサクを惜しんだ場合 [創世記]


アブラハムの最愛の息子イサクを捧げよ、と神さまの命が下った。


2 NIV-JLB
----
Then God said, “Take your son, your only son, whom you love—Isaac—and go to the region of Moriah. Sacrifice him there as a burnt offering on a mountain I will show you.”
「あなたのひとり息子を連れてモリヤへ行きなさい。そう、愛するイサクを連れて行くのだ。そして、わたしが指定する山の上で、完全に焼き尽くすいけにえとしてイサクをささげなさい。」
----

有名な箇所だが、実行する寸前に神様が止めて下さり、
子孫が増えることを約束された。

が、元々イサクが生まれる前に、第18章で男の子が生まれ大きな"nations"となると言われた。

だから、もしアブラハムがイサクを捧げることを拒んだ場合、
イサクに不幸が襲い、代わりにイシュマエルの系列でアブラハム契約が実現されるのでしょう。

が、実際は神さまはアブラハムの行動は分かっておられたので、
予定どおり、イサクへ手をかけることをストップなされることとなったのでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 

第21章 ハガルへの約束 [創世記]

サラの女奴隷ハガルとの間にイシュマエルという男の子が先に産まれたが、
自分の子が弄られているのを見て、サラは追い出すようアブラハムに迫った。

アブラハムは悩んだが、神さまは、サラの言うことを聞けと言われた。

次の日、パンと水を持たせて出ていかせた。

が、水がつき、子が死ぬ姿を見たくなかったので、
母親は矢が飛ぶ位の距離で離れて座った。


アブラハムも神様がイサクの将来を約束してくれたとはいえ、
多くを持たせるべきでしょう。宝石などの貴重品もいれてたのかもしれないが、
水がなくなって死を覚悟したのでしょう。

泣いた。

すると、神さまがハガルに声をかけてくださった。

18 NIV-JLB
----
Lift the boy up and take him by the hand, for I will make him into a great nation.”
さあ早く行って子どもをしっかり抱きしめ、慰めてやりなさい。あの子の子孫を必ず大きな国にすると約束しよう。」
----


アブラハムに先に言っていたことを、神様はこの段階でハガルに言われた。
そして井戸を見つけることができた。


確か、ハガルはペシリテかどこかの奴隷だったので、神さまとは無縁だった。
しかし、アブラハムへの心遣いでハガルへの約束という恩恵を与えられたのでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

第20章 アブラハムの罪 [創世記]

確かアブラハムで100歳、サラは90歳を超えていた。
が、サラはこの町の王宮に入ることとなる。

アブラハムが妻と言わずに妹と言っていたためだった。

が、神は王に罪を犯させないため夢の中でストップを掛けられた。

王はアブラハムに「妻だったら妻と言えよ」と言いたかった。


11-12 NIV-JLB
----
Abraham replied, “I said to myself, ‘There is surely no fear of God in this place, and they will kill me because of my wife.’Besides, she really is my sister, the daughter of my father though not of my mother; and she became my wife.

アブラハムは答えました。「実を言うと、この町は神を恐れない町だと思ったのです。ですから、きっと私を殺して妻を奪うだろうと思いました。それに、彼女が妹だというのはうそではありません。腹違いの妹で、私の妻となったのです。
----

腹違いの妹だった。


この件では、確かにアビメレクの前にはアブラハムは罪人で恥ずかしい行為ではある。
が、これをアブラハムを単に罪人とする章ではないと思いますね。

言語化しにくいので控えますが、考えを深めたいと思います。
nice!(1)  コメント(0) 

【本の旅】『聖書を読んだサムライたち』 守部喜雅 2011-01-07 [102] [CGNTV]

(2011日)これも読まなければなりませんね。
13人のサラっとした紹介だそうで、前から知ってはいたのですが、
動画を拝聴し読みたくなりました。

本の旅.jpg
CGNTV【本の旅】『聖書を読んだサムライたち』 守部喜雅 2011-01-07 [102]

---memo

今井信お 犯人 
『龍馬がゆく』で「あとがき」では
  今井は静岡に行き熱心なcになった
         11.15

 龍馬伝では見回り組

  函館で逮捕 賊軍として エドへ 裁判
       龍馬を切った罪も 金庫5年
 静岡へ お茶畑  子が教会へ 苦々しかった
  宣教師を切ろうとした 
   聖書を読んだが読めず 切るに値しない
   仕事で横浜へ 横浜改革教会で知る
 

  
  歴史の中で神様が働かれている
    
  13人 入門書 業績は簡単に 全体で

 
 ----

新島襄 剣豪 千葉周作 北辰一刀流
  封建社会で何故 藩主に命を懸けなければならないか
 16でノイローゼ  
横浜からは監視が厳しい 函館からにする

----
村田 佐賀藩家老
   1854長崎 油紙発見 英語の聖書
        1866長崎へフルベッキに
              洗礼を申し出
   鍋島は引退で済ませる
     日本基督教団佐賀教会の種となる

フルベッキ
     明治の重鎮
nice!(1)  コメント(0) 

第19章 神に背き、死罪となる [創世記]


ソドムの町は破壊されることとなった。
この話は有名なようで不勉強な私でも昔からチラッとは知っていた。

妻が振り返って塩の柱となった。


26 NIV-JLB
----
But Lot’s wife looked back, and she became a pillar of salt.

ロトの妻も夫のあとからついて行ったのですが、天使の警告に背いてうしろを振り返ったため、塩の柱になってしまいました。
----


この話をバカバカしい話と考えてはいけない。

塩かどうかは舐めてないので確認しようがないが、
要は白く固まった。


神の意思が働いた時、人は突然に死ぬ。

献金を全財産と偽った夫婦の死もそうだが、
非科学的だろうが「在り得る」としなければならない。

さもなくば、歪で生きるか死ぬこととなるのでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

フォイアーゼー ヨハネス教会の鐘の音 [映像]

(2013)ドイツの教会らしい。綺麗な音なのですが、
景観条例でホテルを禁止できないのでしょうね。



nice!(0)  コメント(0) 

第18章 神に嘘をつく [創世記]

アブラハムの前に神さまが現れてくださったので、食事をもてなすことにした。
そして、来年にまた来るが、その時にサラに男の子が生まれると言われた。

聞いていたサラは思わず笑った。90歳を超えていたはずである。

すると、「笑いやがったな」と言われた。


15 NIV-JLB
----
Sarah was afraid, so she lied and said, “I did not laugh.”
But he said, “Yes, you did laugh.”

サラはあわてて否定しました。「笑っただなんて、とんでもないことです。」しかし、どうなることかと、怖くてたまりません。必死になってごまかしましたが、神はご存じでした。
----


サラは嘘をついたが、神さまは口にされたことを実行され、イサクを与えた。

神さまに嘘をついた罰が明示されていないが、
そもそもハガルへの虐めもそうだが、性格が良いとは言えなかったので、
老体になってからの出産の苦痛が罰だったのでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

第17章 祝福の御計画 [創世記]

前章でサライは侮蔑したハガルを虐めた。
が、神さまはサライを祝福し王女を意味するサラと改名させた。


16 NIV-JLB
----
I will bless her and will surely give you a son by her. I will bless her so that she will be the mother of nations; kings of peoples will come from her.”

わたしは彼女を祝福する。彼女はあなたに男の子を産むだろう。すばらしい祝福を与えて彼女を国々の母とする。彼女の子孫からは多くの王が出る。」
----

そして、イサクを産み、
確か、イサクがリベカと結婚して、双子のエサウとヤコブを産んだ。


又、改名したアブラハムはハガルとの子イシュマエルの祝福もお願いした。
神さまは答えた。

20-21 NIV-JLB
----
And as for Ishmael, I have heard you: I will surely bless him; I will make him fruitful and will greatly increase his numbers. He will be the father of twelve rulers, and I will make him into a great nation.
But my covenant I will establish with Isaac, whom Sarah will bear to you by this time next year.”

イシュマエルのことはわかった。あなたの願いどおり彼を祝福し、彼の子孫を増やして、大きな国にしよう。十二人の族長が彼から出る。
しかし、わたしが契約を結ぶのはイサクである。来年の今ごろ、サラはイサクを産む。」----

祝福し12人の族長も出るとしているが、契約を結ぶのはイサクとしている。

アブラハム-イサク-ヤコブから モーセ ダビデ  イエス
と、神さまが契約を交わす御計画は既に立てられてたのでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

#36ゼパニヤ書【60分でわかる旧約聖書】 [Harvest Time Ministries]

(2018日)主は信じる者を喜んでくださる。
そのことの確信がどれほどの感謝なのか、
日々学ばなければなりません。



---memo

終末論で大事

聖書を聖書どおりに読む

捕囚期前

ヨシア王時代、ユダでリバイバル

主の日 大患難時代

nice!(1)  コメント(0) 

第15章~第16章   理由と行為 [創世記]

サライは奴隷のハガルが逃げるまで辛く当たった。


16 6 NIV-JLB
----
“Your slave is in your hands,” Abram said. “Do with her whatever you think best.” Then Sarai mistreated Hagar; so she fled from her.

「まあまあ、そこまで言わなくても。あの娘をおまえの好きなように罰したらいいではないか。」それならと、サライは召使ハガルにとてもつらく当たりました。我慢できず、ハガルは逃げ出しました。
----

サライにすれば、夫のアブラムに奴隷のハガルとの間に子を産むことを、
哀しみながら提案した。
にもかかわらず、ハガルは見下した。

当然の怒りだった。

後に、サライとの間にイサク・ヤコブを産み、子孫の繁栄となるので、
神さまは、このハガルに対するサライの行為はお許しになられた。

この件に限らず、
侮辱されてヘラヘラ笑って許すことを神さまは命じてなかったはずである。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -