So-net無料ブログ作成
テモテ後書 ブログトップ

第4章 1-22 遺書 [テモテ後書]

このテモテへの手紙は、殉教の前に書かれたようだ。

6
----
For I am already being poured out like a drink offering, and the time has come for my departure.
わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。世を去る時が近づきました。
----


30年も布教してきて、死の手前で書いた手紙なら、従来のモノとは違っていてもおかしくはないだろう。

また、教会の組織化や信徒の導き方に集中しているので、
以前、パウロらしくないと書いたが、死を前にしたら書くだろうと思う。


あるいは劇団の脚本として書かれた秀逸な作品かもしれない。
でも、それならば聖書編纂のメンバーにも伝わるだろうから、
やはり、パウロでしょう。

第3章 1-17 悪の限界 [テモテ後書]

9
----
But they will not get very far because, as in the case of those men, their folly will be clear to everyone.
しかし、これ以上はびこらないでしょう。彼らの無知がすべての人々にあらわになるからです。ヤンネとヤンブレの場合もそうでした。
----


悪が完全に勝利することはない、という確信が表現されている。
また、無理して対決せずとも悪は自滅するという確信もある。

だから、悪は上手く避けるのが上策ということだ。

第2章 1-26 人は変わる [テモテ後書]

テモテは弱い性格だったようだ。

1
----
You then, my son, be strong in the grace that is in Christ Jesus.
そこで、わたしの子よ、あなたはキリスト・イエスにおける恵みによって強くなりなさい。
----


たとえ、ナヨッとした人間であったとしても問題ではなく、
信仰により強くなれるということのようだ。

ここでは擬似パウロ書簡かは問題ではない。
弱い性格だったテモテに目をかけてやり指導者に育てようとした手紙に意味があるのだろう。

第1章 1-18 多彩な登場人物 [テモテ後書]

この第2テモテ書も「擬似パウロ書簡」と真筆性が疑われているようだ。
しかし、登場人物も具体的でどうも空想とは思えない。

5
----
I have been reminded of your sincere faith, which first lived in your grandmother Lois and in your mother Eunice and, I am persuaded, now lives in you also.
そして、あなたが抱いている純真な信仰を思い起こしています。その信仰は、まずあなたの祖母ロイスと母エウニケに宿りましたが、それがあなたにも宿っていると、わたしは確信しています。
----

15
----
You know that everyone in the province of Asia has deserted me, including Phygelus and Hermogenes.
あなたも知っているように、アジア州の人々は皆、わたしから離れ去りました。その中にはフィゲロとヘルモゲネスがいます。
----


たまたま、パウロと同名でうれしく、これまたパウロの可愛がっていたテモテと同名の青年を見つけたので、手紙を書けば面白いだろうと狙ったという推測は、普通は笑止だろうが、ひょっとして、図星やもしれない。


が、現段階では、第2はホンモノという前提で読んでいきます。
テモテ後書 ブログトップ