So-net無料ブログ作成
検索選択

9 [詩編]

これまで詩編をいくつか読んできましたが、
神への賛美であることには変わりはありません。
では似たようなものかと言えば、全て違う。

どういうシチュエーションの中で、あるいは想定して詠われたのかによって、
全てに違うものを感じるのでしょう。

9篇の最終節。異邦人は全て人間にすぎない。
そこでは自らと神が一体となっているのだろう。その境地に立てる集団は強いのでしょう。


20
---
Put them in fear, Yahweh. Let the nations know that they are only men. Selah.
主よ、彼らに恐れを起させ、もろもろの国民に自分がただ、人であることを知らせてください。[セラ
---

セラは音楽用語で休憩を意味するようだが、正確な意味は分からないようだ。

8 [詩編]

詩編8は、創世記1章2章を前提としている。

創世記2-1
----
he heavens and the earth were finished, and all their vast array.
こうして天と地と、その万象とが完成した。
----

日本語訳で「万象」が使われているが、英語では「 vast array 」となっている。
「莫大な配列」を神が完成させたと読むのかもしれない。


3
----
When I consider your heavens, the work of your fingers, the moon and the stars, which you have ordained;
わたしは、あなたの指のわざなる天を見、あなたが設けられた月と星とを見て思います。----
口語訳で「ordain」を設けるとなっているが、

新共同訳では、
---
あなたの天を、あなたの指の業を わたしは仰ぎます。月も、星も、あなたが配置なさったもの。
---
と、「配置」を使っている。
恐らく、神が配置されるという考えはヘブライズムでは当たり前なのやもしれない。


6
----
You make him ruler over the works of your hands. You have put all things under his feet:
これにみ手のわざを治めさせ、よろずの物をその足の下におかれました。
----

him は人であり、神は人に被造物を治めさせた。

ここの黒崎の解説は
---
万物を支配することは未だ人間において実現しない。従ってこれはメシヤの預言として適切であり、再臨のキリスト・イエスにおいてその成就を見る。
---

となっており俄かには信じがたいが、論理的帰結ではある。


黒崎幸吉著 旧約聖書略註 Web版 詩篇8
http://stonepillow.dee.cc/psalm_main.cgi?8

7 [詩編]

ダビデがベニヤミン人クシュについて、主に向かって歌ったもの。ということのようだ。クシュを知らないが、旧約の人だろう。


「助けてください」からはじまり、
もし、「私が悪であるのならば、私の魂を滅ぼしてください」
というようなことまで言う。

しかし、
(私に義があるのならば)と8節と9節の行間で言っているのだろう。
そして、

9
----
Oh let the wickedness of the wicked come to an end, but establish the righteous; their minds and hearts are searched by the righteous God.
どうか悪しき者の悪を断ち、正しき者を堅く立たせてください。義なる神よ、あなたは人の心と思いとを調べられます。
----

哀願する。

10
----
My shield is with God, who saves the upright in heart.
わたしを守る盾は神である。神は心の直き者を救われる。
----

すべての義に生きようとする者の魂からの呟きなのでしょう。

そして、悪人は自ら墓穴を掘っていく。

17
----
I will give thanks to Yahweh according to his righteousness, and will sing praise to the name of Yahweh Most High.
わたしは主にむかって、その義にふさわしい感謝をささげ、いと高き者なる主の名をほめ歌うであろう。
----

主の義に感謝し、主の名を誉め歌う。

6 [詩編]

3
---
My soul is also in great anguish. But you, Yahweh--how long?
わたしの魂もまたいたく悩み苦しんでいます。主よ、あなたはいつまでお怒りになるのですか。
---

こういう神への愚痴は赦されるようだ。

4
---
Return, Yahweh. Deliver my soul, and save me for your loving kindness' sake.
主よ、かえりみて、わたしの命をお救いください。あなたのいつくしみにより、わたしをお助けください。
---

そして、神へ助けを求める。


5
---
For in death there is no memory of you. In Sheol {Sheol is the place of the dead.}, who shall give you thanks?
死においては、あなたを覚えるものはなく、陰府においては、だれがあなたをほめたたえることができましょうか。
---

死んで陰府に落ちれば、あなたに感謝できるはずもないではないですか。
死の淵に居る者の言葉なのでしょう。

8-10
---
Depart from me, all you workers of iniquity, for Yahweh has heard the voice of my weeping.
Yahweh has heard my supplication. Yahweh accepts my prayer.
May all my enemies be ashamed and dismayed. They shall turn back, they shall be disgraced suddenly.

すべて悪を行う者よ、わたしを離れ去れ。主はわたしの泣く声を聞かれた。
主はわたしの願いを聞かれた。主はわたしの祈をうけられる。
わたしの敵は恥じて、いたく悩み苦しみ、彼らは退いて、たちどころに恥をうけるであろう。
---

これは未だ現実にはなっていない確信であり、
そう信ずることによって、現実化を招こうとしているのでしょうか。

5 [詩編]

1
----
Give ear to my words, Yahweh. Consider my meditation.
主よ、わたしの言葉に耳を傾け、わたしの嘆きに、み心をとめてください。
----

Give ear to my words
ありきたりなのか、詩的な表現なのか分かりませんが、使ってみたいですね。

5
----
The arrogant shall not stand in your sight.
高ぶる者はあなたの目の前に立つことはできない。
----
You shall not stand in my sight.
上から目線で使ってるのでしょうかね。おかしいのかは判断できません。


12
----
For you will bless the righteous. Yahweh, you will surround him with favor as with a shield.
主よ、あなたは正しい者を祝福し、盾をもってするように、恵みをもってこれをおおい守られます。
----

よろしくお願いします。アーメン

 [詩編]

この4番のダビデの詩は、綺麗な英語だなと思いました。
勉強な私が「綺麗だな」と英文を見て思ったのは初めてだと思います。
「ロジカルだな」はあるのですが。

2
---
Answer me when I call, God of my righteousness.

呼び求めるわたしに答えてください
わたしの正しさを認めてくださる神よ。
---


8
---
You have put gladness in my heart, more than when their grain and their new wine are increased.

人々は麦とぶどうを豊かに取り入れて喜びます。
それにもまさる喜びを わたしの心にお与えください。
---

私がネットで見ているページは「聖書で英語19」というページですが、
http://seisyodeeigo.web.fc2.com/je19all.html

手元にある聖書は新共同訳の1987 1988 となっている。

日本語訳を手元の聖書で記入してましたが、どうもゴチャゴチャになってしましました。

完了型での英文ですが、元々のヘブライ語をどう翻訳したかということなのでしょう。


9
---
In peace I will both lay myself down and sleep, for you, Yahweh alone, make me live in safety.

平和のうちに身を横たえ、わたしは眠ります。
主よ、あなただけが、確かに わたしをここに住まわせてくださるのです。
---

3 [詩編]

3
----
Many there are who say of my soul, "There is no help for him in God

多くの者がわたしに言います
「彼に神の救いなどあるものか」と。
----

私は言われたことありませんが、この3節に感情移入します。


4
----
But you, Yahweh, are a shield around me, my glory, and the one who lifts up my head.

主よ、それでも
あなたはわたしの盾、わたしの栄え
わたしの頭を高くあげてくださる方
----

3節の声があり、気力が萎えて魔がささやくことがあろうと、
ギリギリのところで、という意味を込めているのかもしれません。

7
----
I will not be afraid of tens of thousands of people who have set themselves against me on every side.

いかに多くの民に包囲されても
決して恐れません。
----

この心境ですね。万人に囲まれようが恐怖に支配されない。
死を受け入れ、次節で助けを請い、

9
----
Salvation belongs to Yahweh. Your blessing be on your people. Selah.

救いは主のもとにあります。
あなたの祝福があなたの民の上にありますように。
----

最後に、神に委ねる。

私はこれまで「詩」というものを味わおうと思ったことがないのですが、
これほどじっくり読んでいるのに驚いています。

2 [詩編]

3
----
"Let's break their bonds apart, and cast their cords from us."

「我らは枷をはずし 縄を切って投げ捨てよう」と
----

この発言者はもろもろの王で、「縄」は「絆」であるようだ。

この王の傲慢に対し、次節。

4
----
He who sits in the heavens will laugh. The Lord will have them in derision.

天を王座とする方は笑い、主は彼らを嘲り
----

神や油を注がれた方に逆らう王たちは、世俗と離れた高次の次元にいる人間を笑うようだ。

しかし、聖書全般に通じるようだが、こういう手合いには神や聖書記述者は厳しい。

5
----
Then he will speak to them in his anger, and terrify them in his wrath:

憤って、恐怖に落とし、怒って彼らに宣言される。
----

旧約の神は恐ろしいですね。
なかなか通常の恐ろしさではないですね。

甘っちょろい考えを抱いていたなら、すぐに滅ぼされる時代背景の要請なのでょうね。

 [詩編]

1
----
Blessed is the man who doesn't walk in the counsel of the wicked, nor stand in the way of sinners, nor sit in the seat of scoffers;

いかに幸いなことか
神に逆らう者の計らいに従って歩まず
罪ある者の道にとどまらず
傲慢な者と共に座らず
----
この「傲慢な者」を「あざける者」と訳すこともできるようですが、
神に対して不届きな者といったニュアンスなのやもしれません。

6
----
For Yahweh knows the way of the righteous, but the way of the wicked shall perish.

神に従う人の道を主は知っていてくださる。
神に逆らう者の道は滅びに至る。
----

「righteous」「wicked」は、聖書全般で「神に対して」が前提のようですね。


日本聖書教会の新共同訳では、意識的に詩的に訳しています。
英文と両方読むと、尚しみじみとなりますね。

19.Psalms   詩篇 全150篇
http://seisyodeeigo.web.fc2.com/je19all.html

このページの訳もいいですね。


私は、小学3・4年の国語の時間に詩をつくって、担任の先生に「センスないわ」という呆れた顔で見られた記憶があります。
算数は得意だったのですが、「この子、感情に乏しい」と思ったのでしょう。