So-net無料ブログ作成
2018年03月| 2018年04月 |- ブログトップ
前の10件 | -

第81篇 [詩篇]

しばらくお待ちください。
nice!(0)  コメント(0) 

第80篇 [詩篇]


バビロンに囚われる時の詩のようだ。
苦難から救いを求める詩。

5 NIV
----
You have fed them with the bread of tears;
you have made them drink tears by the bowlful.
----

JLB
----
悲しみと涙が私たちの食べ物なのですか。
----

口語訳
----
あなたは涙のパンを彼らに食わせ、多くの涙を彼らに飲ませられました。
----

新共同
----
あなたは涙のパンをわたしたちに食べさせ なお、三倍の涙を飲ませられます。
----


いろいろな表現があるものです。
新共同が不思議ですね。

「三倍の涙」という表現をカトリックとプロテスタントの合同訳で
よく認められたものだと驚きです。

ヘブライ語聖書で元々そういう表現だったのならともかく、
そうでないなら、採用した理由が知りたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

第78篇 23-72 [詩篇]

70 NIV-新共同
----
He chose David his servant
and took him from the sheep pens;

僕ダビデを選び、羊のおりから彼を取り
----


民が羊で王たるダビデは牧者だが、
神から見れば羊なのでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

第78篇 1-22  [詩篇]



4 NIV-JLB
-----
We will not hide them from their descendants;
we will tell the next generation
the praiseworthy deeds of the Lord,
この真実の解き明かしを聞いたなら、
あなたがたもまた、
栄光に輝く主のわざを子どもたちに説明し、
そのめざましい奇跡を語り伝えてほしい。
-----
nice!(0)  コメント(0) 

イエス,バプテスマのヨハネをたたえられる―わたしのもとにきなさい

日本語吹き替えに抑揚がないのが残念ですが、字幕でみてみたいですね。


nice!(0)  コメント(0) 

第79篇 [詩篇]


10 NIV
----
Why should the nations say,
“Where is their God?”

Before our eyes, make known among the nations
that you avenge the outpoured blood of your servants.
----

JLB
----
どうして、外国人が、
「おまえたちの神はどこにいるのだ」と
あざけるのを、放っておかれるのですか。
神の民を虐殺したことについて、
公の場で彼らに報復してください。
----

新共同訳
----
どうして異国の民に言わせてよいでしょうか
「彼らの神はどこにいる」と。あなたの僕らの注ぎ出された血に対する報復を
異国の民の中で、わたしたちが
目の前に見ることができますように。
----

これは実現される。

血に対しては報復がなされる。
が、スグになされるものでもない。

聖徒の血が神さまの受忍限度を超えると裁きが始まるのでしょう。
nice!(1)  コメント(0) 

第77篇 [詩篇]

14 NIV-JLB
----
You are the God who performs miracles;
you display your power among the peoples.
あなたは奇跡を行われる神
諸国の民の中に御力を示されました。
----

作者は、辛い状況下でも、
神の成されたことを思い出し、信仰を維持しようとしている。

これも試されているのでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

第76篇 [詩篇]


誓いについて


11 NIV
----
Make vows to the Lord your God and fulfill them;
let all the neighboring lands
bring gifts to the One to be feared.
----


新共同
----
あなたたちの神、主に誓いを立て、それを果たせ。取り囲むすべての民は 恐るべき方に貢ぎ物をもたらすがよい。
----


イエス様は「山上の垂訓」で「誓ってはならない」とされた。
(マタイ23:16~22)


だから私は誓わなくなった。

この聖書の完読日を設定し神さまに誓うこともしてはならないと
理解した。

これはホッとしましたね。
nice!(0)  コメント(0) 

第75篇 [詩篇]


2 NIV
----
You say, “I choose the appointed time;
it is I who judge with equity.
----


新共同
----
「わたしは必ず時を選び、公平な裁きを行う。
----


これは最後の審判を意味するのではなく、
悪は随時裁かれるという意味でしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

第74篇 [詩篇]



22 NIV
----
Rise up, O God, and defend your cause;
remember how fools mock you all day long.
----

新共同訳
----
神よ、立ち上がり
御自分のために争ってください。神を知らぬ者が絶えずあなたを嘲っているのを
御心に留めてください
----

神を知らない者は神をのろう。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
2018年03月|2018年04月 |- ブログトップ