So-net無料ブログ作成

アモス書 第8章 1-14 主のことばの飢饉 [十二小預言書]

終わりの時に、飢饉が与えられる。
パンや水ではなく、主の言葉のようだ。


11 NIV-JLB
----
“The days are coming,” declares the Sovereign Lord,
“when I will send a famine through the land—
not a famine of food or a thirst for water,
but a famine of hearing the words of the Lord.
主はこう言います。
「時は近づいている。
その時には、この地にききんを送る。
パンや水のききんではない。
主のことばを聞くことのききんだ。
----


11 口語訳55
----
主なる神は言われる、
「見よ、わたしがききんをこの国に送る日が来る、
それはパンのききんではない、
水にかわくのでもない、
主の言葉を聞くことのききんである。
----

主の祈りの、「日曜の糧」がパンだけでなく、霊的なパンも意味しているが、
それが、飢饉になるそうだ。


滅びの時、神の言葉は望んでも得ることができず、
ただ、絶望に苦しむ生き地獄を味わうということなのでしょう。
nice!(0)  コメント(0)