So-net無料ブログ作成

ホセア書 第2章 1-23  神様の許し [十二小預言書]

主は、一旦、切り捨てた者を救われることもある。

23 NIV-JBL
-----
I will plant her for myself in the land;
I will show my love to the one I called ‘Not my loved one.[i]’
I will say to those called ‘Not my people,[j]’ ‘You are my people’;
and they will say, ‘You are my God.’”
その時わたしはイスラエル人という種をまき、
自分自身のためにそれを育てる。
『あわれみをかけられなかった』者たちをあわれみ、
『わたしの民ではない』者たちに、
『今、おまえたちはわたしの民だ』と言おう。
すると彼らは、『あなたこそ私たちの神です』
と答える。」
-----


一度、Not my people だった者もやがては救われる。
そういう示唆が何か所かあった。

nice!(0)  コメント(0) 

ホセア書 第1章 1-11 ホセアの子と回復の預言 [十二小預言書]


10 NIV-JBL
----
In the place where it was said to them, ‘You are not my people,’ they will be called ‘children of the living God.’
その時わたしは彼らに、『あなたたちはわたしの民ではない』と言わずに、『あなたたちはわたしの息子、生ける神の子どもだ』と言おう。
----

これは、「同じ場所」でしょう。

新改訳
----
彼らは、「あなたがたはわたしの民ではない」と言われた所で、「あなたがたは生ける神の子らだ」と言われるようになる。
----

口語訳も、「同じ場所」でした。


これは、神からの分離と回復でしょう。

それが、ホセアの子の名前が「愛されぬ者」「わたしの民ではない」を意味したが、
イスラエルが神から離れるが、メシアにて回復するということでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

#28ホセア書【60分でわかる旧約聖書】 [Harvest Time Ministries]

(2017日)神さまの預言者の命令にも酷なものがある。
ホセアはこの遠慮したい命令に従った。
「やってられない」と思いつつ、神さまに恨んでしまい衝動をかき消して
活動を続けていたのでしょう。
ヨブは肉体的苦痛に耐えたが、ホセアは精神的苦痛の人生だったのでしょう。



---memo

都会のジャングル

繁栄の頂点から陰りの時期


捕囚期前預言書12

ホセア=主は救う

前8世紀の預言者たち 大量に生んだ
ホセア、アモス、イザヤ、ミカ 
アモスから影響

北ヤロブアム2世 前793-753在位

北捕囚後 南 アッシリア帝国の属国

-----

イスラエルの民は主の妻 霊的結婚関係

姦淫の女
nice!(0)  コメント(0) 

第12章 1-13 終わりの時まで秘す [ダニエル書]

5-6 NIV-JLB
----
5 Then I, Daniel, looked, and there before me stood two others, one on this bank of the river and one on the opposite bank. 6 One of them said to the man clothed in linen, who was above the waters of the river, “How long will it be before these astonishing things are fulfilled?”
5 それから、私が見ていると、川の両岸に一人ずつ、人が立っていました。 6 その一人が、今は川の水の上に立っている、あの亜麻布の衣を着た人に尋ねました。「いつになったら、この恐ろしいことがすべて終わるのですか。」
----

川の両岸に人がいて、その一人が、川の水の上に立っている亜麻布の衣を着た人に尋ねた、とある。

亜麻布を着た人は、受肉前キリストでしょう。
聞いたのが、2人のどちらか。

口語訳 6
----
わたしは、かの亜麻布を着て川の水の上にいる人にむかって言った
----

と、ダニエルになっている。


新改訳でも「私」となっている。


が、これは些細なことでしょう。


大切なのは、本質的なことなのですが、
ダニエル書はよくわかりません。

ただ、大切なことは、終わりの時まで秘められるということでした。

nice!(0)  コメント(0) 

【ロシア】聖ワシリー寺院内部にて、聖歌隊の合唱@モスクワ [聖歌・讃美歌等]

(2014日)
16cに雷帝が建立。クレムリンの外の赤の広場にあるらしい。
ロシア正教会の大聖堂。

コメントに

「薄暗くて、きみ悪いんだよ」

とありますが、分かってないですね。

生で聴きたいですね。



nice!(0)  コメント(0) 

I Will Follow Him [聖歌・讃美歌等]

(1992米)

皆さま、お休みなさい。
気持ちよく眠りましょう。


nice!(0)  コメント(0) 

第11章 21-45 反キリスト者も [ダニエル書]


39
----
He will attack the mightiest fortresses with the help of a foreign god and will greatly honor those who acknowledge him. He will make them rulers over many people and will distribute the land at a price.
この神の助けによると主張して、彼は最強を誇るとりでの攻略に成功する。また、自分によく従う者たちを重用し、彼らに権力を与え、報奨として領土を与える。
----

He は反キリスト者だそうだが、悪くは書いていない。
必要悪の役回りなのやもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 

第11章 1-20 将来起こることを示す [ダニエル書]

未来の預言がダニエルに与えられた。

が、実名は与えられず、人称代名詞は誰のことなのかは、文脈での判断のようだ。


2
----
“Now then, I tell you the truth: Three more kings will arise in Persia, and then a fourth, who will be far richer than all the others. When he has gained power by his wealth, he will stir up everyone against the kingdom of Greece
今、その私が、将来起こることをあなたに示そうとしている。さらに三人のペルシヤ人の王が治め、そのあと、この三人よりはるかに富んだ第四の者が王位を継ぐ。この王は、その富を政治的に利用し、ギリシヤに全面戦争をしかける
----


何回か書いたが、私が夢で数年ぶりに「ハッキリと」聴いた曲が、
その日の夕方に車の中のラジオから流れて、ビビった記憶がある。
テンポも音量も音色も全く同じだったと思う。
思い出したが、ラヴェルのボレロだった。

将来起こることを、神さまは人間に与えることができる。
nice!(0)  コメント(0) 

#62 世界最古の文明都市バビロンと言葉の混乱 聖書の真実シリーズ12 高原剛一郎 [HCA]

(2017日)
私にもニムロデがいて、傲慢だったと悔いては、またしばらくして、繰り返します。
それでも、かなり丸くなったと思います。

確かに、神さまは壊れた人を修理できる人でした。
私は修理中なのだろうと苦笑でした。


---memo

元麻薬中毒の教誨師

麻薬  中枢神経麻痺 骨までシャブられる
覚せい剤 中枢神経興奮 全能感 ヒロポン 疲労がポーンと取れる


「人は変わります」

説教ではなく体験談

神さまは壊れた人を修理できる


ナチス 世界の3分の1のユダヤ人を殺した

進化論で説明できないこと
 言語能力 文法がある
 言語学者 脳に組み込まれている 部位がある 3歳まで

 世界4000の言語 古い言語ほど複雑な文法
  
 
 英語← ドイツ語 ←ゲルマン語ゴート族 ←←←インドヨーロッパ語族
    ←サンスクリット語 解読大川周明 神谷美恵子

 昔ほど複雑


 創世記11

 ノア8人家族 「人の先祖は人だった」

 バベルの塔 天文台  アスファルト ギリシャ語
           ア 否定 スファルト落とす
             洪水がきても大丈夫なように
   神に対する反逆
 ニムロデ  

  70の民族に

   その後突然 世界同時多発 高度文明

   1800年後 ネブカデネザル再建 首都として
nice!(0)  コメント(0) 

第10章 1-20 受肉前キリストに出会う [ダニエル書]

1
----
In the third year of Cyrus king of Persia, a revelation was given to Daniel (who was called Belteshazzar). Its message was true and it concerned a great war.
ペルシヤの王クロスの治世の第三年に、ベルテシャツァルとも呼ばれたダニエルは、もう一つの幻を見ました。それは、いつか必ず起こる出来事について、すなわち、打ち続く戦争や悲惨による激しい苦難の時代のことでした。
----

この幻で、受肉前のイエスを見たそうだ。

5
----
I looked up and there before me was a man dressed in linen, with a belt of fine gold from Uphaz around his waist.
突然、目の前に、亜麻布の衣服をまとい、腰に純金の帯を締め、光り輝く肌をした人が立っているのが見えたのです。
----


夢なり幻を見て、未来のことなど意味のあることを語ってくれる人がいたら、
キリストか御使いということなのでしょう。

nice!(0)  コメント(0)