So-net無料ブログ作成
検索選択

折れた矢 [映画]

(1950米)西部劇。白人xインディアンを描く。
現代ではインディアンの襲撃シーンはxだそうだが、1950年製なので、
派手にやっている。

とはいうものの、白人・インディアン双方の和平派と武闘派を描き、
アパッチ族長の穏健である勇者の姿と苦悩も映像にしている。

“戦いよりも平和の方が困難である”という和平派のメッセージは、
第2次大戦と朝鮮戦争を重ねたもののようだ。

1870年のアリゾナを舞台にした実話。
インディアンが英語を使うことが唯一のフィクションだそうだ。

----

聖書を片手に愛読するWASPが登場する。
彼らが皆、敬虔なクリスチャンでもなく、実際は様々な出会いがある。
現在では「多様性」が一定、尊重されているが、
初期の段階では、悲しいことが多かったのでしょう。

----
先日の↓投稿に追加
http://1rin.blog.so-net.ne.jp/2017-01-29


折れた矢 [DVD]

折れた矢 [DVD]




第39章 1-8 オープンマインド? [イザヤ書]

2
----
Hezekiah was pleased with them, and showed them the house of his precious things, the silver, and the gold, the spices, and the precious oil, and all the house of his armor, and all that was found in his treasures. There was nothing in his house, nor in all his dominion, that Hezekiah didn't show them.
ヒゼキヤは彼らを喜び迎えて、宝物の蔵、金銀、香料、貴重な油および武器倉、ならびにその倉庫にあるすべての物を彼らに見せた。家にある物も、国にある物も、ヒゼキヤが彼らに見せない物は一つもなかった。
----

たとえ、相手との力関係で優位であろうが、何もかもさらけ出せば、
「取ってくれ」と言わんばかりである。

見た方は、「どうせ何もできないだろう」と見くびられたと受けとる。

隠すものが無かろうと、何かあると思わせることも必要だろう。

ザビエルと天皇 [書籍紹介]

一部は、ザビエルが天皇に謁見しようと京都を目指した道中が描かれている。
結局、謁見できなかった。

二部は、九州の大名・大友宗麟。息子義統が黒田官兵衛から受洗したものの、
棄教。関ケ原で西軍につき、官兵衛に敗れる。
そして回心し質素だが穏やかな晩年だったそうだ。


三部はペトロ岐部。日本人で初めて、エルサレムに行き、バチカンに向かった。
そして日本に帰郷したのが1630年。16年ぶりに日本の土を踏んだが潜伏生活となる。
1639年7月4日、火あぶりにされ殉教。
この3行だけなら変わり者だが、読むと感情移入する。敬愛すべき行動力でした。


戦国・江戸期のキリスト教一般教養としてグッドでしょう。

ザビエルと天皇 (Forest Books)

ザビエルと天皇 (Forest Books)




スパルタカス [映画]

(1960米)紀元前73年に3度目の奴隷戦争が共和制ローマで起こる。
主人公は、そのリーダーで剣闘士だったスパルタクス。
「スパルタクスの反乱」とも呼ばれる。

「歴史上唯一の正しい戦争であった」と思想家ヴォルテールが評価したように、
不当な抑圧に対する武力闘争だった。

主人公をマイケル・ダグラスの父カークダグラスが演じる。
強そうには見えない知性ある奴隷を演じていた。彼は現在100歳で存命。

監督キューブリックは主演のカークダグラスと揉め、
「あの映画には失望した」と自分の作品とは認めなかったそうだ。

が、193分と長い、いい脚本だった。

----

イエス誕生前の共和制ローマ。多神教であることが強調される。
ユダヤ社会は扱っていないが、ローマ市民ではない奴隷の扱いは
過酷だった。

ローマ帝国を知るに、いい作品でしょうね。

奴隷の状況で、尊厳を求め、結婚し、子どもを得る。
その子どもが「自由」であることを望む。

1960年頃の映画はいい映画が多いと本当に思いますね。

----
本日の↓投稿に追加
http://1rin.blog.so-net.ne.jp/2017-01-28


スパルタカス スペシャル・エディション [DVD]

スパルタカス スペシャル・エディション [DVD]




第38章 1-22 寿命が延びる [イザヤ書]

5
----
"Go, and tell Hezekiah, 'Thus says Yahweh, the God of David your father, "I have heard your prayer. I have seen your tears. Behold, I will add fifteen years to your life.
「行って、ヒゼキヤに言いなさい、『あなたの父ダビデの神、主はこう仰せられます、「わたしはあなたの祈を聞いた。あなたの涙を見た。見よ、わたしはあなたのよわいを十五年増そう。
----

ヒゼキヤの祈りが届いた。神は15年の寿命を与えて下さった。

全知全能である神は何でもできるが、真の心からの祈りなら、
こういうこともしてくださるということでしょう。

第37章 1-38 祈り殺す [イザヤ書]

イザヤはエルサレムの危機に際して、
攻撃者であるアッシリアは引き返して王が暗殺されることを預言し祈る。


7
----
Isaiah said to them, "Tell your master, 'Thus says Yahweh, "Don't be afraid of the words that you have heard, with which the servants of the king of Assyria have blasphemed me. Behold, I will put a spirit in him and he will hear news, and will return to his own land. I will cause him to fall by the sword in his own land."'"
イザヤは彼らに言った、「あなたがたの主君にこう言いなさい、『主はこう仰せられる、アッスリヤの王のしもべらが、わたしをそしった言葉を聞いて恐れるには及ばない。 見よ、わたしは一つの霊を彼のうちに送って、一つのうわさを聞かせ、彼を自分の国へ帰らせて、その国でつるぎに倒れさせる』」。
----

そして7年後にクーデターで王は死んだ。

祈り殺すのか、呪い殺すのかは分からないが、真の預言者となると
確信をもって、こういうことができるのでしょう。

現代でも1人や2人はいるのでしょう。

第36章 1-22 降伏勧告 [イザヤ書]

アッシリアのラブシャケがユダに降伏勧告にきた。
ヒビキア王は下の者と信頼関係ができていた。

15
----
Don't let Hezekiah make you trust in Yahweh, saying, "Yahweh will surely deliver us. This city won't be given into the hand of the king of Assyria."'
ヒゼキヤが、主は必ずわれわれを救い出される。この町はアッスリヤの王の手に陥ることはない、と言っても、あなたがたは主を頼みとしてはならない』。
----

と言われようが、誰も動じなかった。
ヘブル語とアラム語は江戸弁と薩摩弁ほどの違いだそうだが、
下の者にも分かる降伏勧告で辱めを受けたが、それは跳ねのけたようだ。

第35章 1-10 聖なる空間 [イザヤ書]

8
----
A highway will be there, a road, and it will be called The Holy Way. The unclean shall not pass over it, but it will be for those who walk in the Way. Wicked fools will not go there.
そこに大路があり、その道は聖なる道ととなえられる。汚れた者はこれを通り過ぎることはできない、愚かなる者はそこに迷い入ることはない。
----

聖なる道(空間)に汚れた者は入ることはできない。
それが至聖所であったり、各教会でもあるのでしょう。

この箇所は、さらに別次元の聖なる道となっている。
間違って入る者すらいない段階、千年王国時代ということでしょう。

第34章 1-17 翻訳の真意 [イザヤ書]

16
----
Search in the book of Yahweh, and read: not one of these will be missing. none will lack her mate. For my mouth has commanded, and his Spirit has gathered them.
あなたがたは主の書をつまびらかにたずねて、これを読め。これらのものは一つも欠けることなく、また一つもその連れ合いを欠くものはない。これは主の口がこれを命じ、その霊が彼らを集められたからである。
----

「つまびらかに」

Search が当てられているが、表面的に読むのではなく、
真意を求めて読め、ということのようだ。

日本語訳の訳者のいいセンスに嫌味ではなく熱くなる。

タイムスクープハンター 女たちの会津戦争 [映像]

(2013日)大河ドラマ『八重の桜』は見ていたが、同時期のコラボだったそうだ。
大河は新島八重の主人公視点で、タイムスクープハンターは名もなき人々の視点で撮影する。

会津籠城戦での女性たちの戦いを描く。
籠城する女性子どもは5000人。新政府軍は1日に1000発以上の銃撃・砲撃を繰り返す。

女性たちは飛んできた砲弾の火薬の消火作業にあたる。
失敗すれば死を意味した。

そのような地獄絵図の中で、会津の子どもたちは凧を上げた。
それを見た大人たちは「まだ、戦える」と気を持ち直した。

----
八重83歳の写真だが(wikiより)、左が救世軍米国司令官の娘で、
右が山本軍平日本司令官だが、堂々とした貫禄で笑ってしまった。

新島襄がアメリカの友人に「彼女の生き方はハンサムなのです」と手紙に書いたそうだが会津魂からプロテスタントとなった流れに「さもありなん」と首肯してしまいますね。

yae.jpg
----
先日の↓投稿に追加
http://1rin.blog.so-net.ne.jp/2017-01-20

1868年・女たちの 会津戦争・タイムスクープハンター 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus