So-net無料ブログ作成

海と毒薬 [映画]

(1986日)30年前だが白黒。遠藤周作の小説の映画化。
1945年の「九州大学生体解剖事件」を扱っている。

5月、撃墜したB29から落下傘降下で助かった9人の内、機長は東京に行ったが、
捕虜収容所の定員オーバーのため、8人は西部軍司令部の預かりとなった。

本来、民間人虐殺を行った米兵であれ裁判を経て銃殺しなければならないが、
生体解剖することとなった。

非情に重いテーマであるが、渡辺謙と奥田瑛二が爽やかに演じているので、
モノクロといえども、昭和20年の血だらけの現実でさえ粋な作品となっている。

神なき日本人の倫理は「バレなければいい」「どうせ銃殺だから」「医学の進歩に役に立つ」で正当化される。

アメリカの戦争犯罪もある。「相殺」は政治的な事柄なので、
ここでは遠藤の設定したテーマで「罪」を考えるべきなのでしょう。

----

米兵にメス、戦犯助教授の苦悩語る 九大生体解剖事件で講演
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20160731000018

↑の記事から軍の強制性が明らかとなった。
「軍が怖かった。軍の圧力は頂点に達していた。何が正しく何が間違っていたか判断できなかった」

慰安婦問題で語られる軍とは違い、サイテーだ。

----
↓の投稿に追加しました。
http://1rin.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304566493-1

海と毒薬 デラックス版 [DVD]

海と毒薬 デラックス版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD



第6章 1-19 悪意ある預言者もいる [ネヘミヤ書]

エルサレム再建への妨害工作が進行していた。
潜在的に恐怖を抱いていたのだろう。

工事責任者のネヘミヤを呼び出して危害を加えようとしたり、
それに応じなければ、王になろうという野心があると決めつけた。

それでもネヘミヤが応じなければ、
預言者を買収して、神殿に閉じこもるよう進言させた。

が、ネヘミヤは気づいた。

12
----
I discerned, and behold, God had not sent him; but he pronounced this prophecy against me. Tobiah and Sanballat had hired him.
わたしは悟った。神が彼をつかわされたのではない。彼がわたしにむかってこの預言を伝えたのは、トビヤとサンバラテが彼を買収したためである。
----

預言者が常に神の言葉を口にするとは限らない。
買収される場合もある。

聖書を読み、主に敬虔で感性を研いでいないと騙され殺されてしまうのでしょう。

第5章 1-19 同胞奴隷の教訓 [ネヘミヤ書]

モーセの戒めの段階から同法奴隷には規制があった。保護するためだった。

いつの時代も困窮する者が必ずでるが、同胞を売買している現状を
ネヘミヤは悲しんだ。そして言った。

8
----
I said to them, "We, after our ability, have redeemed our brothers the Jews that were sold to the nations; and would you even sell your brothers, and should they be sold to us?" Then they held their peace, and found never a word.
彼らに言った、「われわれは異邦人に売られたわれわれの兄弟ユダヤ人を、われわれの力にしたがってあがなった。しかるにあなたがたは自分の兄弟を売ろうとするのか。彼らはわれわれに売られるのか」。彼らは黙してひと言もいわなかった。
----


16世紀に日本に来た宣教師たちが50万の日本人を奴隷としたそうだ。
日本人側のキリシタン大名や有力者が1樽の火薬と50人とを交換したらしい。

旧約聖書を読んでなかったのでしょう。読んでいれば同胞を売買することは恥であるので、
異教徒であれ躊躇したやもしれない。

第4章 1-23 敵を恐れるな [ネヘミヤ書]

ネヘミヤは仲間を鼓舞した。


14
----
I looked, and rose up, and said to the nobles, and to the rulers, and to the rest of the people, "Don't be afraid of them! Remember the Lord, who is great and awesome, and fight for your brothers, your sons, and your daughters, your wives, and your houses."
わたしは見めぐり、立って尊い人々、つかさたち、およびその他の民らに言った、「あなたがたは彼らを恐れてはならない。大いなる恐るべき主を覚え、あなたがたの兄弟、むすこ、娘、妻および家のために戦いなさい」。
----


真に恐れるべきは主なので、主の敵を恐れることは間違っており、
正義に反するので堂々とすればよい。

これが、ユダヤ・キリスト教の基本姿勢でしょう。

第3章 1-32 「ひのきしん」にてエルサレム復旧 [ネヘミヤ書]

復旧工事の記録の章である。
場所と担当者の名が記されている。


1
----
Then Eliashib the high priest rose up with his brothers the priests, and they built the sheep gate; they sanctified it, and set up its doors; even to the tower of Hammeah they sanctified it, to the tower of Hananel.
かくて大祭司エリアシブは、その兄弟である祭司たちと共に立って羊の門を建て、これを聖別してそのとびらを設け、さらにこれを聖別して、ハンメアの望楼に及ぼし、またハナネルの望楼にまで及ぼした。
----


1節では「聖別」という語が記されている。
「聖別」した物を使って建造物が完成する。

旧約聖書では、その労働に特別の言葉が無いようであるが、
天理教系教団では「ひのきしん」と言うようだ。

もっとも献血まで含めた概念でもあったり、教団施設の維持管理を指している場合であったり、幅があるようではある。

ヨハネ福音書にあるように、「 the Word was God 」である。

「ひのきしん」も神に属する言葉でしょう。





第2章 1-20  異邦人の嘲笑 [ネヘミヤ書]

破壊されたエルサレムの城壁を築こうとしたら、
異邦人が言った。

19
----
But when Sanballat the Horonite, and Tobiah the servant, the Ammonite, and Geshem the Arabian, heard it, they ridiculed us, and despised us, and said, "What is this thing that you are doing? Will you rebel against the king?"
ところがホロニびとサンバラテ、アンモンびと奴隷トビヤおよびアラビヤびとガシムがこれを聞いて、われわれをあざけり、われわれを侮って言った、「あなたがたは何をするのか、王に反逆しようとするのか」。
----

もちろん、許可を得ているので問題なない。
昔からの光景なのでしょう。

第1章 1-11 ネヘミヤ、捕囚後の様子を聞き泣く。 [ネヘミヤ書]

ネヘミヤはペルシャ王のアルタシャスタに誠実に仕えたそうだ。

彼は捕囚で残った者の様子を聞いた。

3
----
They said to me, "The remnant who are left of the captivity there in the province are in great affliction and reproach. The wall of Jerusalem also is broken down, and its gates are burned with fire."
彼らはわたしに言った、「かの州で捕囚を免れて生き残った者は大いなる悩みと、はずかしめのうちにあり、エルサレムの城壁はくずされ、その門は火で焼かれたままであります」と。
----


これを聞いて泣いた。誰しも故郷の姿が変われば泣くだろう。

氷点 [映画]

(1966日)原作三浦綾子の小説。日本・韓国・台湾で何度もリメイクされている。
この1966年版は97分と短い。

私が名を知っていたのは、津川雅彦、森光子だけだった。モノクロ。
日本テレビの落語番組の「笑点」はこの『氷点』が起源だそうだ。

ドロドロの内容。

妻の不倫中に娘が亡くなったことで、次に養女を迎える際、
夫が復讐の為、妻に秘密で犯人の娘を引き取る手配をした。

妻子は何も知らずに時間が経つが、やがてバレて、シャレにならなくなる。

妻役の若尾文子の嫌な女ぷりにウケてました。
深いテーマなのでしょうが、何も考えず面白く鑑賞しました。

----

ある牧師との会話で、私は、
三浦綾子の旦那が三浦朱門だと、曽野綾子とミスったことがあった。

ここで教養がバレた。

二度と間違いが起こらないよう、作品に当たることにした。

それが動機でした。

その時は恥ずかしいとは思わなかったが、その事自体、恥ずかしいことだ。

----
先日の↓記事に追加。
http://1rin.blog.so-net.ne.jp/2016-07-20

氷点 [DVD]

氷点 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2015
  • メディア: DVD



第10章 1-44 強制離婚 [エズラ記]

異邦人と結婚した者が多かった。
それに対して取ったエズラの措置は厳しかった。

44
----
All these had taken foreign wives; and some of them had wives by whom they had children.
これらの者は皆異邦の女をめとった者である。彼らはその女たちをその子供と共に離縁した。
----

かつて、ルツという異邦人の女がいたが、主に敬虔であり、
「ルツ記」まで編纂された美談もあったのに、一律離縁は厳しいでしょう。

今日なら、「近いうちに改宗する」と誓うことで充分だと思うのですがね。

第9章 1-15 神の前に立てない [エズラ記]

イスラエルに帰ったエズラは失意に陥った。
イスラエルの民と異邦人との雑婚がまかり通っていたからだった。

個々人の人生においては、近所で出会った人々との必然の結果だったのでしょう。
が、その子の宗教感情に決定的に悪影響を及ぼすので、ダメなのは当然だった。

エズラは嘆いた。

15
----
Yahweh, the God of Israel, you are righteous; for we are left a remnant that has escaped, as it is this day. Behold, we are before you in our guiltiness; for none can stand before you because of this."
ああ、イスラエルの神、主よ、あなたは正しくいらせられます。われわれはのがれて残ること今日のとおりです。われわれは、とがをもってあなたの前にあります。それゆえだれもあなたの前に立つことはできません」。
----

誰も神の前に立つことはできない。

新約に生きる私たちは、イエス・キリストを主をすることによってのみ、
義とされ、神の前に立つことができる。

それが真実だったが、日本では「宗教」だった。