So-net無料ブログ作成

ハバクク書 第2章 1-20 偶像を偶像と気づく [十二小預言書]


偶像が乱立していた中で、それが偶像と気づくのは簡単ではない。

19 NIV-JLB
----
Woe to him who says to wood, ‘Come to life!’
Or to lifeless stone, ‘Wake up!’
Can it give guidance?
It is covered with gold and silver;
there is no breath in it.”
いのちのない木の偶像に、
起きて自分たちを救えと命じる者、物言わぬ石に、
何をすべきか教えてほしいと呼びかける者は災いだ。
偶像は、神の代わりに語ることができるのか。
金銀で覆われているが、その中にいのちは全くない。
----



19 口語訳55
----
わざわいなるかな、
木に向かって、さめよと言い、
物言わぬ石に向かって、起きよと言う者よ。
これは黙示を与え得ようか。
見よ、これは金銀をきせたもので、
その中には命の息は少しもない。
----

神からの言葉がなければ、偶像に支配され続けるだけだった。
そういうことでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。