So-net無料ブログ作成
検索選択

第1章 1-28 捕囚時代の預言者 [エゼキエル書]

エゼキエルは捕囚中の預言者のようだ。

3
----
the word of Yahweh came expressly to Ezekiel the priest, the son of Buzi, in the land of the Chaldeans by the river Chebar; and the hand of Yahweh was there on him.
主の言葉がケバル川のほとり、カルデヤびとの地でブジの子祭司エゼキエルに臨み、主の手がその所で彼の上にあった。
----


ということで、彼はペルシャから解放される預言を頂くのでしょう。

エレミヤは捕囚を見届けなければならなかったが、
エゼキエルは帰郷を見届けることができるのかもしれません。

まだ分かりませんが、預言者の中での幸不幸は幅が大きそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0